スロット 
DW-8120-1

G-SHOCKの液晶画面でスロットが回る!? 遊び心にあふれたELバックライトの先進性【G-SHOCK列伝7】

2017年5月10日

タフなプロスペックが信条のG-SHOCKですが、1990年代にはカシオ開発陣の遊び心が感じられるモデルがいくつも存在していました。その中でもコイントスとスロットは、21世紀の今でも楽しい“遊べる”機能を搭載していました。

液晶アニメーションのコイントスとスロットで遊ぶ

19946月発売のDW-6600に初めて搭載されたELバックライトとは、交流電流で発光するエレクトロルミネッサンス(EL)素子を利用して文字盤を明るくする照明装置のこと。それ以前の豆電球を利用したマイクロライトより大光量なうえに、消費電力は同レベルという画期的な技術でした。

そのELバックライトに浮かび上がるユニークな絵柄には、カシオ技術陣の“遊び心”が表れていたと言えるでしょう。その中でも傑作なのが、19955月に登場したコイントスとスロットです。

どちらもELバックライトに浮かぶ液晶アニメーションで、コイントスには最終的に「G()、「Gの鏡文字」()、「Lost!」(はずれ)という3種類の絵柄に行き着きます。一方のスロットは、文字通りスロットマシンのように3列のマークが回転し、「G」が3つ揃うと、大きなGマークに変わって祝福してくれます。

どちらも最近のG-SHOCKには見られない独特のセンス。セールス的には決して成功したモデルとは言い切れませんが、こんな“遊べる”機能の復活を熱望しているファンも多いに違いありません。

ph7-3

DW-8120-1ELバックライトを点灯すると、紙幣のイラストが浮かびます。と同時に、3ケタのマークがスロットマシンのように回転し、順にストップ。「G」が3つ揃うと大当たりです。

コイントス DW-8010G-1

コイントス
DW-8010G-1

 

スロット DW-8120-1

スロット
DW-8120-1

8000系4タイプと8100系3タイプのそれぞれに、コイントスとスロットがラインナップしていました。発売は19958月。ELバックライトの誕生からわずか1年強で、動きのあるアニメーションを展開したカシオの技術力と発想力に脱帽です。

http://watchnavi.jp/brand/2383

スロット 
DW-8120-1

Related Article

スラッシャーモデル
DW-6900H-9JF

Brand #CASIO

2017年5月17日

有名アパレル関係やアーティストから引っ張りだこ! ボーダー系G-SHOCKの元祖・スラッシャーモデル【G-SHOCK列伝8】

もともとストリート系のバッドボーイを意味していた「スラッシャー」が、米国西海岸で1981年に創刊されたスケボー雑誌「スラ […]

名称未設定 1のコピー.jpg1

Item #CASIO

2017年4月10日

【G-SHOCK】世界のトップサーファーが注目するG-LIDEの2017サマーバージョン

サーフィンやスノーボードに代表されるエクストリーム系スポーツのハードな使用に耐えるG-LIDE。世界のトップアスリートが […]

PH4

Brand #CASIO

2017年4月19日

映画『13日の金曜日』のジェイソンにそっくり!?  ホッケーマスクを被った愛嬌満点の個性派モデル【G-SHOCK列伝4】

発売当時に不人気だったモデルが、後に希少性の高さからレア化してブレイクスルー! 1990年代のG-SHOCKブームを象徴 […]

ph1-2

People #CASIO

2017年1月30日

時計界に革命を起こした“壊れない時計”G-SHOCKの誕生秘話「最初の“壊れない”試作品は、ソフトボールくらいの球体でした」

世界に誇る日本オリジナルの腕時計「G-SHOCK」のウンチク集! 今回は「G-SHOCKの生みの親」と呼ばれる伊部菊雄氏 […]

10-3

Brand #CASIO

2017年5月31日

G-SHOCK史上初の「ペア」リリース! 発売と同時にプレミア化したお騒がせNo.1モデルは初代ラバコレ【G-SHOCK列伝10】

現在もクリスマスシーズンのペア販売が続く「ラバーズコレクション」が、最初に誕生したのは1996年11月のこと。転売目的の […]

名称未設定 1のコピー

Item #CASIO

2017年4月3日

【G-SHOCK】フロッグマンとガルフマスターから、海の美しさを表現した新色「マスター・イン・マリンブルー」が誕生

極限の環境で任務にあたるプロフェッショナルに向けて製造されるマスター・オブ・Gシリーズのなかで、海を志向するのがフロッグ […]