スロット 
DW-8120-1

G-SHOCKの液晶画面でスロットが回る!? 遊び心にあふれたELバックライトの先進性【G-SHOCK列伝7】

2017年5月10日

タフなプロスペックが信条のG-SHOCKですが、1990年代にはカシオ開発陣の遊び心が感じられるモデルがいくつも存在していました。その中でもコイントスとスロットは、21世紀の今でも楽しい“遊べる”機能を搭載していました。

液晶アニメーションのコイントスとスロットで遊ぶ

19946月発売のDW-6600に初めて搭載されたELバックライトとは、交流電流で発光するエレクトロルミネッサンス(EL)素子を利用して文字盤を明るくする照明装置のこと。それ以前の豆電球を利用したマイクロライトより大光量なうえに、消費電力は同レベルという画期的な技術でした。

そのELバックライトに浮かび上がるユニークな絵柄には、カシオ技術陣の“遊び心”が表れていたと言えるでしょう。その中でも傑作なのが、19955月に登場したコイントスとスロットです。

どちらもELバックライトに浮かぶ液晶アニメーションで、コイントスには最終的に「G()、「Gの鏡文字」()、「Lost!」(はずれ)という3種類の絵柄に行き着きます。一方のスロットは、文字通りスロットマシンのように3列のマークが回転し、「G」が3つ揃うと、大きなGマークに変わって祝福してくれます。

どちらも最近のG-SHOCKには見られない独特のセンス。セールス的には決して成功したモデルとは言い切れませんが、こんな“遊べる”機能の復活を熱望しているファンも多いに違いありません。

ph7-3

DW-8120-1ELバックライトを点灯すると、紙幣のイラストが浮かびます。と同時に、3ケタのマークがスロットマシンのように回転し、順にストップ。「G」が3つ揃うと大当たりです。

コイントス DW-8010G-1

コイントス
DW-8010G-1

 

スロット DW-8120-1

スロット
DW-8120-1

8000系4タイプと8100系3タイプのそれぞれに、コイントスとスロットがラインナップしていました。発売は19958月。ELバックライトの誕生からわずか1年強で、動きのあるアニメーションを展開したカシオの技術力と発想力に脱帽です。

http://watchnavi.jp/brand/2383

スロット 
DW-8120-1

Related Article

DW-5700-1JF

Brand #CASIO

2017年4月5日

1985年、ライブエイドのステージに立ったスティングの腕には、G-SHOCKがあった!【G-SHOCK列伝2】

元ポリスのベーシスト兼ボーカルを経て、ソロに転向した英国出身の世界的ミュージシャン「スティング」。今回の「G-SHOCK […]

ユナイテッドアローズ1st
AW-500UA-1E

Brand #CASIO

2017年5月3日

アナログG-SHOCK史上に燦然と輝く、ユナイテッドアローズとの完璧コラボ【G-SHOCK列伝6】

名高いアパレルショップがG-SHOCKの実力を認め、1990年代半ばから次々と別注モデルが実現しました。そのコラボ黎明期 […]

AWG-M100SWG-7AJF

Item #CASIO

2017年3月14日

【G-SHOCK】春の装いにマッチするホワイトカラーのアナログ・デジタルモデルが登場

優れた耐久性とファッショナブルなデザインを兼ね備えるG-SHOCKから、ホワイトカラーをベースにした春・夏モデルが発売さ […]

スラッシャーモデル
DW-6900H-9JF

Brand #CASIO

2017年5月17日

有名アパレル関係やアーティストから引っ張りだこ! ボーダー系G-SHOCKの元祖・スラッシャーモデル【G-SHOCK列伝8】

もともとストリート系のバッドボーイを意味していた「スラッシャー」が、米国西海岸で1981年に創刊されたスケボー雑誌「スラ […]

スラッシャーモデル
DW-6900H-9JF

Brand #CASIO

2017年5月26日

1995年オリックス初優勝のインタビュー時、若きイチローが腕にしていたG-SHOCK【G-SHOCK列伝9】

スティングモデルのように、著名人の愛用したG-SHOCKに特別なニックネームが付き、人気に火が付く事例が過去にいくつかあ […]

14-5

Brand #CASIO

2017年7月28日

全身シースルー! 透き通る海をイメージさせる2代目イルクジの爽やかなルックス【G-SHOCK列伝14】

傑作として誉れ高い初代イルクジ誕生の2年後、半透明ボディ&ストラップを身に付けて、2代目イルクジが登場しました。時はまさ […]