名称未設定 1

【時計用語】人類の英知が詰まった直径40mmの小宇宙【コンプリケーション編】

2017年3月15日

時計のことを深く知るためには、いくつかの用語を知っておきたいものです。今回は、最高峰の時計職人のみが作り出すことができる複雑機構を取り上げます。

 

【グランドコンプリケーション】
【ストライキング機構】
【スプリットセコンド・クロノグラフ】
【ソヌリ】
【天文表示】
【トゥールビヨン】
【パーペチュアルカレンダー】
【ミニッツ・リピーター】
【ワールドタイマー】

 

【グランドコンプリケーション】
機械式時計の数ある特殊機構のうち、複雑機構と呼ばれるものを複数搭載した時計のこと。多くの場合は、「ストライキング機構」「パーペチュアルカレンダー」「スプリットセコンド・クロノグラフ」「トゥールビヨン」「天文表示」のいずれか3つ以上を搭載したモデルを指す。

↑永久カレンダー、スプリットセコンド・クロノグラフ、グランドソヌリ、プチソヌリ、ミニッツリピーターなどを搭載したA.ランゲ&ゾーネのグランド・コンプリケーション

↑永久カレンダー、スプリットセコンド・クロノグラフ、グランドソヌリ、プチソヌリ、ミニッツリピーターなどを搭載したA.ランゲ&ゾーネのグランド・コンプリケーション

 

【ストライキング機構】
ハンマーやゴングなどを用いて時を「打ち鳴らす」機構の総称。「ソヌリ」「リピーター」が、これに該当する。

 

【スプリットセコンド・クロノグラフ】
クロノグラフ計測専用の秒針を2本備えた複雑機構で、クロノグラフ機構の上位機構に位置付けられる。2人のランナーのそれぞれのタイム計測や、ラップタイム計測が行えるようになる。イタリア語圏などでは「ラトラパンテ」とも呼ばれる。

↑スプリットセコンド・クロノグラフはクロノグラフ秒針を2本備え、通常のクロノグラフよりボタンもひとつ多い

↑スプリットセコンド・クロノグラフはクロノグラフ秒針を2本備え、通常のクロノグラフよりボタンもひとつ多い

 

【ソヌリ】
ユーザーが起動させるリピーターに対し、ソヌリは毎正時や15分ごとに、自動的に鐘の鳴らす。鐘はボタン操作で任意に作動させたり、音が出ないようオフ状態に設定しておくこともできる例が多い。ちなみに毎正時と15分ごとに鐘の鳴るものはグランソヌリ、毎正時と30分ごとに鳴るものはプチソヌリと呼ばれている。

↑ソヌリ機構を搭載したムーブメントは複雑を極める

↑ソヌリ機構を搭載したムーブメントは複雑を極める

 

【天文表示機構】
時間という概念の確立に関係の深い天体の動きを時計で示す機構のこと。ムーンフェイズや、均時差表示のほか、日の出・入り時刻、黄道十二星座の位置、太陽と地球の位置関係など、複雑な天体の動きの一部を表示する機構全般がこれに含まれる。

Rendez-Vous_Celestial1

 

【トゥールビヨン】
天才時計師として著名なアブラアン-ルイ・ブレゲが、19世紀初頭に発明した機構(1801年6月26日に特許取得の記録が残る)。懐中時計の時代は、ポケットの中などで長く垂直状態にあったことから、重力によってヒゲゼンマイなどに偏りが生じることが多かった。そこでブレゲは、テンプやアンクルなどの調速&脱進機を「キャリッジ」と呼ばれる小さなケージに収めてキャリッジごと回転させる「トゥールビヨン」を考案。各パーツにかかる重力の影響を平均化し、精度の安定化を図った。微細パーツの製造や組み立てに高い技術力が必要となる一方、長期にわたって精度を安定させる機構として腕時計に重用されており、複雑機構の代名詞的な存在となっている。

↑トゥールビヨンキャリッジ内部の構成パーツ。写真はタグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー 02Tのもの

↑トゥールビヨンキャリッジ内部の構成パーツ。写真はタグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー 02Tのもの

 

【パーペチュアルカレンダー】
閏年の2月29日まで計算された輪列が組み込まれた、カレンダー表示の最上位機構。多くの場合は、2004年、2008年、2012年、2016年……という閏年の2月29日表示にも対応し、例外的に閏年が適用されない2100年まで、正確にカレンダー表示に行うことができる。様々な意味で使われる「パーペチュアル」と混同を防ぐため、永久カレンダーと呼ばれることも多い。

IWC PORTUGIESER WATCH COLLECTION 2015

 

【ミニッツ・リピーター】
自動的に鐘の鳴るソヌリと異なり、ユーザーが操作することで鐘やチャイムが鳴るリピーター機構のうち、鐘の音で分単位(ミニッツ)まで現在時刻を知らせる機能、またはそれを搭載した時計のこと。最小単位が5分の場合はファイブミニッツ・リピーター、15分の場合はクォーター・リピーターなど、いくつかの種類がある。

↑暗闇でも時間を知るため、懐中時計の時代にはすでに開発されていた。写真はH.モーザー社製の懐中時計ミニッツ・リピーター

↑暗闇でも時間を知るため、懐中時計の時代にはすでに開発されていた。写真はH.モーザー社製の懐中時計ミニッツ・リピーター

 

【ワールドタイマー】
都市名が記されたリングや地図と、それに対応する24時間の時刻がわかるパーツを組み合わせて、世界各地の時刻を把握できるようにした時計のこと。自分の現在地のタイムゾーンに都市名と24時間表示を正しく設定することで、その他の主要国(都市)すべての現在時刻も同時に把握できる時計のこと。

Classics-Manufacture-Worldtimer-Movement_FC_718

名称未設定 1

Related Article

スラッシャーモデル
DW-6900H-9JF

Brand #CASIO

2017年5月26日

1995年オリックス初優勝のインタビュー時、若きイチローが腕にしていたG-SHOCK【G-SHOCK列伝9】

スティングモデルのように、著名人の愛用したG-SHOCKに特別なニックネームが付き、人気に火が付く事例が過去にいくつかあ […]

tag

Item #TAG HEUER

2016年12月16日

タグ・ホイヤーの新定番カレラは何が凄い? 話題のスケルトンモデルを徹底分析

2015年、鮮烈にデビューした自社キャリバー ホイヤー01を搭載した新カレラに、 ブレスレット仕様やチタン仕様、セラミッ […]

jlc-07_jaeger-lecoultre-reverso-tribute-calendar_back-dial

Item

2016年12月28日

85周年を迎えたジャガー・ルクルト不朽の名作レベルソ再考

ポロ競技のために開発された反転式の角型ケースを備えたレベルソは、2016年に誕生85周年を迎えました。この節目にコレクシ […]

メンテキャッチ

Maintenance

2017年9月17日

夏が終わる“今”が肝心!愛機が長持ちする簡単セルフメンテ3つのポイント

強い日差しや汗、アウトドアでの砂塵に海水……。時計にとって夏は、かなりハードな季節です。手入れの面倒さからついつい放置し […]

キャッチ

Topics #BREITLING#CASIO#MONTBLANC#VICTORINOX SWISS ARMY

2017年8月14日

ハイテク化で2大ジャンルが突出! 時計界を熱くするクオーツ時計たち

科学技術によって日々発展を遂げるクオーツウオッチ。中でも、スマートウオッチと屈強モデルの進化は目覚しいものがあります。た […]

ph1

Brand #CASIO

2017年3月13日

日本が世界に誇る“壊れない時計”G-SHOCKの歴史秘話 1992-1995年/本物だけが持つ機能美にストリートが熱狂

腕時計界で革命を巻き起こし続ける「G-SHOCK」のウンチク集! 今回はストリートファッションが隆盛した1990年代前半 […]