↑ゼニス「ヘリテージ パイロット トンアップ」87万4800円/Ref.11.2430.4069/21.C773

これからの腕時計は文字盤にこだわる! 「ひと手間ダイアル」最前線【前編】

2016年12月24日

ここ2〜3年で、ビッグブランドを中心に文字盤のグレードが飛躍的に進化しています。目の肥えたユーザーを満足させるため、色表現や仕上げ、設計にこだわって作られた注目の時計を紹介します。

 

2016年は梨地仕上げが大豊作

2016年のバーゼルワールドでは、表面に細かな凹凸のついた梨地仕上げの文字盤が数多く見られました。盤面に粒子を吹き付けるサンドブラスト加工は、マットな質感が特徴。文字盤が受ける光の反射を抑えて、視認性を高めるという効果も得られます。

 

_dsc5710-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

ゼニスは経年変化したような風合いに仕上げて独特のヴィンテージ感を演出。ブルガリは昨年発表されたディアゴノ マグネシウムにクロノグラフを搭載したモデルにも「モーターラック」仕上げを採用しました。国産時計では、グランドセイコーが独自技術で新たな世界観を構築するなど、各社が梨地仕上げのダイアルで次世代の時計表現に取り組んでいます。

 

外装をエイジング加工したカフェレーサー仕様

↑ゼニス「ヘリテージ パイロット トンアップ」87万4800円/Ref.11.2430.4069/21.C773

↑ゼニス「ヘリテージ パイロット トンアップ」87万4800円/Ref.11.2430.4069/21.C773

 

エル・プリメロCal.4069を搭載したケースや文字盤に、エイジング加工を施した一本。英国で1960年代に起こったカスタムバイク文化「カフェレーサー」に通じるスタイルを、マットなスレートグレー文字盤と、いぶし銀のケース、ヌバックレザーで表現しています。裏蓋にはバイクに跨がる「カフェレーサー」の姿も確認できます。

 

【SPEC】

ムーブメント:自動巻き(Cal.エル・プリメロ4069)、毎時3万6000振動、50時間パワーリザーブ

素材:SSケース、オイリーヌバックストラップ

サイズ:直径45mm、厚さ14.25mm

防水性:10気圧

 

先進素材を組み合わせつつ仕上げに統一感をもたせる

↑ブルガリ「ディアゴノ マグネシウム クロノグラフ」62万6400円/Ref.102308

↑ブルガリ「ディアゴノ マグネシウム クロノグラフ」62万6400円/Ref.102308

実用金属中で最も軽いとされるマグネシウム合金を、超耐熱高分子樹脂のPEEKで挟み込み、セラミックベゼルと合わせた2015年発表モデルのクロノグラフ版。耐久性に配慮し、裏蓋や操作系統にはPVD加工を施したSSが使われています。ミドルケースと文字盤は、高級スポーツカーのエンジンにも通じる「モーターラック」仕上げです。

 

【SPEC】

ムーブメント:自動巻き(Cal.B130)、毎時2万8800振動、約38時間パワーリザーブ

素材:マグネシウム+PEEK+セラミック+SSケース(シースルーバック)、ラバーストラップ

サイズ:直径42mm

防水性:10気圧

 

ダイアルの奥で輝き出す粒子に高度な技術を見る

↑グランドセイコー「スプリングドライブ 8デイズ」648万円/Ref.SBGD001

↑グランドセイコー「スプリングドライブ 8デイズ」648万円/Ref.SBGD001

独自の駆動方式「スプリングドライブ」のパワーリザーブを8日間に引き上げた限定仕様。長野県塩尻市にある高級時計の専門工房「マイクロアーティスト工房」が手がけた、初のグランドセイコーとして発表されました。チラチラと光の瞬きを見せる文字盤は、諏訪地方の冬の朝に見られるダイヤモンドダストがモチーフとなっています。

 

【SPEC】

ムーブメント:手巻きスプリングドライブ(Cal.9R01)、約192時間パワーリザーブ

素材:プラチナケース(シースルーバック)、クロコダイルストラップ

サイズ:直径43mm、厚さ13.2mm

防水性:10気圧

 

梨地仕上げの文字盤自体は古くからありますが、現代の技術を用いることで非常に目が細く、立体的な造形が愉しめます。このひと手間が、時計の持つ固有の世界観を盛り上げていることは、言うまでもないことでしょう。

↑ゼニス「ヘリテージ パイロット トンアップ」87万4800円/Ref.11.2430.4069/21.C773

Related Article

139-A_SBGX263

Item #BREITLING#G-SHOCK#GRAND SEIKO#OMEGA#TAG HEUER

2017年12月30日

2018年の仕事時計はこれが正解!ウオッチコーディネーターが推薦するビジネスウオッチ5選

多くの職種の人にとって、仕事中にスマホで時間を知ることが難しい状況ってありますよね。そんなときあると便利なのが、やっぱり […]

030-eye_

Item #BELL&ROSS#GRAND SEIKO#MIDO

2016年12月6日

アナタはどっち派!? 白文字盤 or 黒文字盤という究極の選択<前編>

腕時計には実に多彩な文字盤カラーがあります。手首でアクセントを加えたり、コーディネイトを引き締めたりと、選ぶ色によって得られる効果も様々。大定番といえば白/シルバー文字盤と黒文字盤ですが、果たして色どちらの色が人気なのか? 正規店に協力を得てジャッジしました。

104-ZENITH-428

Topics #ZENITH

2017年1月13日

数奇な運命に翻弄された孤高のムーブメント「エル・プリメロ」の歴史を訪ねる

スイス時計界屈指のマニュファクチュール、ゼニス。このブランドが大切に作り続けるフラッグシップキャリバー「エル・プリメロ」 […]

後編キャッチ

Topics #BALL#Sinn#ZENITH

2017年7月31日

絶対的な安心と硬派な世界が魅力!機能美満載のハイスペックスポーツウオッチ【後編】

クロノグラフやダイバーズ、アウトドアウオッチの中でも、華美な装飾を排して機能性にこだわったのがハイスペックなスポーツウオ […]

GS-01_eyecatch

Item #GRAND SEIKO

2017年5月22日

【PR】さらなる高みを目指してセイコーから独立した「グランドセイコー」の人気2トップを 〝今〞狙うべき理由

(GS)とセイコーの「Wネーム」と、GS単独の「新ダイアル」の両方が、現在、店頭に並んでいるのをご存知でしょうか。今こそ […]

アイキャッチ

Item #GRAND SEIKO#MINASE#TENSHODO

2017年8月30日

外装・ムーブ・装着感の3要素を徹底比較【40万円クラス】国産時計をリアル採点

腕時計の細部にこだわる“日本人気質”は、外装、ムーブメント、さらには装着感にまで現れます。そこで、今やスイス製品を凌駕す […]