JLC2017-eyecatch_IMG_7820 (1)

【SIHH2017ジャガー・ルクルト】86年目は新世代レベルソ・クラシックに手巻きモデルが登場

2017年1月17日

ジュネーブで開かれているSIHH2017で発表された新作から、注目モデルを現地より発信していきます。今回は、ジャガー・ルクルト。昨年にレベルソ生誕85周年に合わせてコレクションが一斉再編されたのを受け、今年は主にレベルソ・クラシックにバリエーションが追加されました。

レベルソといえばやはり手巻きが欠かせない

JLC2017-01_L1010361昨年発表された「レベルソ・クラシック」はすべて自動巻きだったので、これが標準仕様になるかと思いきや、さっそく手巻きモデルが出てきました。手巻きのモノフェイスとデュオフェイスは、どちらもミディアムとラージの二つのサイズで展開。共に縦・横の長さは自動巻きのモデルと同様ですが、少し厚みが抑えられています。

気になる価格は、モノフェイスのミディアムが67万5000円で、ラージサイズは69万1200円。このサイズ感を求めていた人は、価格面も含めてかなり魅力的に映ると思います。

JLC2017-02_L1010362写真左は昨年の発表の自動巻きモデル。これに今年はブレスレットタイプが加わりました。右の二つはモノフェイスのスモールセコンドモデルのミディアムとラージ。

ジャガー・ルクルト「レベルソ・クラシック・ミディアム」ブレスタイプ 予価99万9000円/Ref.Q2538120/今春発売予定
ジャガー・ルクルト「レベルソ・クラシック・ミディアム・スモールセコンド」予価67万5000円/Ref.Q2438520/今夏発売予定
ジャガー・ルクルト「レベルソ・クラシック・ラージ・スモールセコンド」予価69万1200円/Ref.Q3858520/今夏発売予定

要注目は“カジュアルシック”なマスター・コントロールの新作

今年はマスター・コントロールの生誕25周年。この節目の年に、新しいデザインのラインが加わります。

JLC2017-03_IMG_7833 (1)ジャガー・ルクルト「マスター・コントロール・デイト」予価67万5000円/Ref.Q1548530/今秋発売予定

文字盤はヴィンテージ感のあるデザインですが、スケルトン針を組み合わせることで現代的な雰囲気も漂います。三針モデルは67万5000円という価格。「レベルソ・クラシック・スモールセコンド」にも言えることですが、スイスを代表するマニュファクチュールの入門機としては、これ以上ないモデルと言えます。

JLC2017-04_L1010369ジャガー・ルクルト「マスター・ウルトラスリム・リザーブ・ド・マルシェ」予価98万8200円/Ref.Q1378480/今夏発売予定

また従来のマスターからは、「アズライトブルー」という深みのある文字盤色が新たに使われたバリエーションも登場。ウルトラスリムのリザーブ・ド・マルシェは、このクオリティで98万8200円と、100万円以下に抑えてきました。

このほか、レディス系やコンプリケーションからも多くのバリエーションが登場。時計好きが期待するような新型ムーブメントの発表はありませんでしたが、例年通りの大量の新作が発表されました。着実に選択肢を広げてきたジャガー・ルクルトから、今後も目が離せません。

JLC2017-eyecatch_IMG_7820 (1)

Related Article

ph6434-4

Item #BREITLING#IWC#JAEGER-LECOULTRE

2017年1月7日

今、買うべきモデルはコレだ! 腕時計人気ランキング2016【冬時計編】

新作も定番も全部まとめて“今、日本で新品を購入できる全機種”を対象に、読者と全国有力正規店にアンケートを実施。「欲しいモ […]

ph6118-8

Item #AUDEMARS PIGUET#JAEGER-LECOULTRE#VACHERON CONSTANTIN

2017年1月2日

今、買うべきモデルはコレだ! 腕時計人気ランキング2016【シンプルウオッチ編】

新作も定番も全部まとめて“今、日本で新品を購入できる全機種”を対象に、読者と全国有力正規店にアンケートを実施。「欲しいモ […]

auntique11

Item #BREITLING#CWC#HAMILTON#HEUER#JAEGER-LECOULTRE#LONGINES#OMEGA

2016年12月12日

世界にひとつしかない自分だけの時計 バースデー・ヴィンテージウオッチを愉しむ【R40世代編ー1966年~1975年製】

個体ごとによって経年変化の状態が異なるヴィンテージ時計は、世界に二つとして同じモデルは存在しません。なかでも誕生年が自分 […]

ph_divers28

Item #EDOX#JAEGER-LECOULTRE#ROLEX#Sinn#ZODIAC

2016年12月4日

ダイバーズウオッチって何が凄いの? 時計技術の集大成である潜水時計を簡単攻略【カタログ編②】

ダイバーズの王道を行くロレックスほか、防水時計のジャンルで独自性を発揮する4ブランドの注目作を紹介します。100m~50 […]

キャッチ

Topics #BVLGARI#JAEGER-LECOULTRE#OMEGA#ULYSSE NARDIN

2017年10月11日

第一印象に差をつける、ビジネスマンの新常識!時計は“厚み”で選ぶ時代【後編】

ケースサイズの違いは腕時計の着け心地を大きく左右するものですが、いまは様々な直径の時計が数多く出揃っています。だからこそ […]

grande-reverso-101-art-deco-h-fb

Topics #JAEGER-LECOULTRE

2016年11月18日

世界最小の手巻きムーブメントはマッチ棒の先端ほどのサイズに98個の部品を収納

時計に限らず、製品の小型化という技術革新は、多くのメーカーが目指すところでしょう。腕時計の世界では、スイス時計界の名門ジャガー・ルクルトが1929年に開発したキャリバー101が、世界最小の手巻きムーブメントとしていまも名を残しています。このキャリバーの詳細と特異なエピソードをご紹介します。