02

で、結局のところアナログ時計がスマホとリンクすると何が便利なの? シチズン エコ・ドライブBluetoothで検証しました【動画あり】

2017年8月27日

腕時計に液晶画面があって、いろいろなアプリが扱えるのがスマートウオッチ。では、アナログ時計なのにスマホにつなげられる時計はなんと言うでしょう? これを腕時計業界では「コネクテッドウオッチ」と言っています。さて、このアナログ時計がスマホと繋がるコネクテッドウオッチは、一体何が便利なのか、昨年末に限定発売して即完売となったシチズンのエコ・ドライブ Bluetooth(非限定版)をお借りして試してみました。

 

コネクテッドウオッチはOSを気にせず使える

まずスマートウオッチに対する筆者の個人的な意見ですが、いろいろなメーカー/ブランドから出されている製品って、結局のところOSが同じ。見た目のデザインなどが違っていても、できることってそんなに大差ありません。

さらに言えば、スマホがiPhoneで、スマートウオッチがAndroid Wearという組み合わせのときに、もしOSの違いで使えない機能があったりしたら、それだけで損した気分になります(筆者個人の見解です)。

その点、コネクテッドウオッチはそもそも備わっている機能が限られているので、よほど特殊なスマホでない限りOSを気にすることなく使える点で魅力があると思っています。

 

さて、前置きが長くなりましたが、シチズンのエコ・ドライブ Bluetooth(製品詳細はコチラ)について。実は、シチズンは2006年にはBluetooth搭載の腕時計「アイバート」を世界で初めて開発していました。それから約10年のときを経て、光発電「エコ・ドライブ」によって、スマホとのリンクを実現したわけです。

 

腕時計を作り続けてきたからこそできる実用デザイン

↑シチズン「エコ・ドライブ Bluetooth」8万1000円/Ref.BZ1020-22L/ステンレスケース/ラバーストラップ

↑今回お借りした時計。シチズン「エコ・ドライブ Bluetooth」8万1000円/Ref.BZ1020-22L/ステンレスケース/ラバーストラップ

エコ・ドライブ Bluetoothは、一見すると個性的な腕時計のデザイン。ただ、いかにも「何かやりますよ」という含みを醸し出しており、この時計がスマホの通知などを受信して震えたり、音を出したりしても、まず驚かれることはないでしょう。

↑無反射コーティングが施されたサファイアガラスは独特の形状。ケースサイドは仕上げを使い分けた上質な仕上がり

↑無反射コーティングが施されたサファイアガラスは独特の形状。ケースサイドは仕上げを使い分けた上質な仕上がり

実際の着け心地は、腕時計そのもの。ケースはステンレス製で、直径48mm、厚さも15.5mmある大型設計ですが、重量バランスが良く快適に着けられます。このあたりは、さすが腕時計メーカーだと言えます。

 

ワンプッシュですぐに機能をフル活用できる

スマホとの接続は、専用アプリを立ち上げたのちに時計の2時側のボタンを長押しするだけ。右上のサブダイアルの針がONの位置を指せば接続完了。

接続時するとスマホの画面も切り替わる点にご注目。

スマホ側では、アラームやワールドタイムの設定、通知機能の報知方法(音と振動のオンオフ)などが行え、それを腕時計に反映することができます。

一方、腕時計からスマホへの通信としては、スマホサーチ機能のほか、「ライトレベル インディケーター」も備えています。この機能では、光発電「エコ・ドライブ」を重要機能に据えているシチズンらしく、時計の発電量をスマホに映し出されるぼんやりとした光の玉で知ることができます。

実際に直射日光を浴びる前後の画面表示を違いをご覧ください(虫が写り込んでしまいました。すみません)。

しかもログまで取れるというオマケ付き。この時計と共に過ごした時間が、発電量によって記録されるのです。

IMG-2121

 

メール、LINE、メッセンジャーといった主要なスマホアプリの通知に対応。どれを腕時計に反映させるかはユーザーで設定できます。

振動や音は、鳴りっぱなしではなく、「ピッ」「ブルッ」と短く控えめで、「あっなんか来たかな」とわかる程度。電話の着信も知らせ方は控えめですが、秒針がCALLを指すので各種通知との違いはすぐにわかります。

 

結論:コネクテッドウオッチは腕時計の進化型で、

   スマートウオッチにあらず

何日か試すうちに改めて実感しましたが、エコ・ドライブ Bluetoothは面倒なケーブル充電をしなくても使えて、必要なときにはスマホの受信状況を伝えてくれる、すごく便利な「腕時計」です。

確かにスマートウオッチのように多機能ではありません。けれど、折り返しの連絡を待ったりしているときでも、いちいちスマホを確認しなくて済むのは時短になります。

 

そもそも腕時計だって、懐中時計をポケットから出すひと手間を省略するために生まれたもの。コネクテッドウオッチは、ポケットからスマホを出す手間を省略してくれる、極めて現代的な腕時計の姿なのかもしれませんね。

使った人 WATCHNAVI、 WATCHNAVI Salon編集部員 水藤大輔

02

Related Article

1000mD_five

Topics #CITIZEN

2017年7月9日

シチズンの名機・プロマスターの歴史を知る「プロマスターフェア」GINZA SIXで開催中

GINZA SIX 1階にある世界初のシチズンウオッチグループ旗艦店「シチズン フラッグシップストア 東京」では、プロフ […]

カンパノラ

Item #CITIZEN

2017年7月23日

漆黒の文字盤に満点の星が煌めく――「カンパノラ」世界限定モデルに込めたロマン

今年のバーゼルワールドでシチズンが発表した、「カンパノラ」コレクションの限定モデル「コスモサイン」、「ミニッツリピーター […]

BZ1020-22E

Item #CITIZEN

2017年6月26日

2か月で完売したシチズン「エコ・ドライブ Bluetooth」に大本命のブルーモデルが登場

昨年12月にシチズンが限定3000本で発表し、約2か月で完売してしまった大人気アナログ式Bluetoothウオッチ「エコ […]

BZ1034-52E_web_B

Item #CITIZEN

2017年2月18日

Bluetoothで繋がるソーラー発電ウオッチが「スーパーチタニウム™」でさらに進化!

シチズンが開発した新しいBluetooth連携モデルの第2弾として、高機能素材「スーパーチタニウム™」をケースに使った新 […]

GRAND SEIKO

Topics #CITIZEN#GRAND SEIKO

2017年6月13日

シチズン&セイコーの最高峰モデルが勢ぞろいする銀座・日新堂【ジャパンウオッチフェア2017】開催中

明治25年より創業する老舗の高級時計専門店・日新堂 銀座本店。6月10日「時の記念日」から6月25日まで、「ジャパンウオ […]

キャッチ

Item #CITIZEN

2017年8月16日

シチズン発の低価格ウオッチ「クラブ・ラ・メール」 海を感じるクラシカルモデルが登場

“手の届く機械式時計”をコンセプトに1984年に誕生、2016年に再デビューしたシチズンの「CLUB LA MER(クラ […]