HyperFocal: 0

ドイツ人が本気で作ったビジネスウオッチ「アットワーク」シリーズが潔すぎ!

2017年12月13日

皆さんはドイツ人にどのような印象をお持ちでしょうか? 時間厳守で、真面目で、几帳面で、合理的など、完璧主義の象徴のように言われることが多いですよね。そんなドイツから、ビジネスシーンでの着用を想定した新しい腕時計が誕生しました。手がけたのは、ドイツ時計産業の聖地を拠点にするノモス グラスヒュッテです。

 

見た目はシンプルでも中身は一切妥協なし

最近は外見のきれいな薄型ウオッチが流行中。デザインも色々とありますが、中に入っている機械は結局どれも同じ電池式のクオーツムーブメント。そうした時計は基本が大量生産ですし、価格を考えれば1本の時計を作るのに時間をかけるわけにはいかないのです。でも、同じ薄型シンプルな腕時計を“完璧主義”のドイツが本気を出して作ると、このような製品が出来上がります。

ビジネスマンの着用を想定して、従来品よりも直径を大きくデザインされた「アットワーク」シリーズ。筋目のついたシルバーグレー文字盤は、9つの工程を経て作られたノモス グラスヒュッテ初の新色

ノモス グラスヒュッテの新シリーズ「アットワーク」は、その名の通りビジネスシーンでの着用を想定して作られました。見た目については、すでにこのブランドをご存知の方ならお馴染みの超シンプルなデザインです。注目すべきは裏側。

09_NOMOS_Metro_neomatik_39_sapphire_crystal_back_spatialのコピー

薄さ3.2mmで設計された極薄の自社製自動巻きCal.DUW3001。このスリムなムーブメントは、最大で約43時間もパワーリザーブを確保

腕時計にあまり詳しくない方には伝わりにくいかもしれませんが、このムーブメントはノモス グラスヒュッテが自社開発・製造したもので、自動巻きなのに3.2mmという極めてスリムな設計となっています。

裏蓋側のガラス越しには、テンプ以外の輪列を覆う3/4プレートや、そこに施されたグラスヒュッテ仕上げ、青焼きネジでのパーツ固定など、ブランドが得意とする伝統技術も鑑賞できます。

驚くべきは、テンプにセットされた青焼きされたヒゲゼンマイ。このパーツを自社で製造できるブランドはごくわずかなのですが、そのなかのひとつがノモス グラスヒュッテなのです。

これらのパーツを一つ一つ職人が組み上げて「アットワーク」シリーズは出来上がっていきます。

 

シンプルだけど14モデルもラインナップ

これだけムーブメントにこだわるブランドですから、一見すると超シンプルな文字盤へのこだわりも推して知るべし。しかも「アットワーク」は、実は14モデルも揃います。

その内訳は、男性の着用を想定して既存品よりも大型に設計された直径39mmの「メトロ」「タンジェント」「オリオン」と、対角の長さが46mmのスクエアウオッチ「テトラ」です。

「メトロ ネオマティック 39」左から「ホワイト」Ref.MT130014W239/50万7600円、「シルバーカット」Ref.MT130014SC239/51万8400円、「ミッドナイトブルー」Ref.MT130014BL239/51万8400円、「ローズゴールド」Ref.MT330014W239/118万8000円 自動巻きCal.DUW3001自社製自動巻きムーブメント、直径38.5mm、厚さ8.35mm。5気圧防水

「オリオン ネオマティック 39」左から「ホワイト」Ref.OR130013SW239/48万6000円、Ref.OR130013GW239/47万5200円、「ミッドナイトブルー」Ref.OR130013BL239/48万6000円、「シルバーカット」Ref.OR130013SC239/48万6000円 自動巻きCal.DUW3001自社製自動巻きムーブメント、直径38.5mm、厚さ8.65mm。5気圧防水

「タンジェント ネオマティック 39」左から「ミッドナイトブルー」Ref.TN130011BL239/47万5200円、「シルバーカット」Ref.TN130011SC239/47万5200円、「ホワイト」Ref.TN130011W239/46万4400円 直径38.5mm、厚さ7.2mm。5気圧防水

「テトラ ネオマティック 39」左から「ホワイト」Ref.TT130011W2/47万5200円 、「シルバーカット」Ref.TT130011SC2/49万6800円、「ミッドナイトブルー」Ref.TT130011BL2/48万6000円、縦33×横33mm、厚さ7.3mm。3気圧防水

こうしたシンプルデザインは、すべて「時間が読みやすいデザイン」をドイツ流に突き詰めた結果出来上がったもの。機能性を追求しながら14モデルもの選択肢を作り出したノモス グラスヒュッテのデザイナーを讃えたくなります。そして、裏を返せばドイツ最高峰の時計が生み出されるグラスヒュッテの職人が手がけたムーブメントが登場。上質な仕上げを眺めることができるのは、オーナーになった人のみという贅沢な仕様です。

 

46_NOMOS_Metro_neomatik_39_silvercut_mood_officeのコピー

潔いデザインにドイツのクラフトマンシップを宿した「アットワーク」シリーズは、日常使いはもちろんのこと、フォーマルな集まりから謝罪の席、終業後のプライベートタイムに至るまで、日本のあらゆるビジネスシーンでも期待以上の役割を担ってくれることでしょう。

HyperFocal: 0

Related Article

LANGE-SAXONIA-THIN

Topics #A.LANGE&SÖHNE#GIRARD-PERREGAUX#IWC#JAEGER-LECOULTRE#NOMOS GLASHÜTTE#PATEK PHILLIPE

2017年8月2日

誠実性&育ちの良さを感じるのはアノ時計! 女性が選ぶ時計のイメージランキング【前編】

トレンドを見極めてモテると思って買った時計なのに、何故かあまり評判が良くない…そんな失敗を回避するため、WNが女性120 […]

IWCアイキャッチ

Topics #BAUME&MERCIER#CARL F. BUCHERER#GIRARD-PERREGAUX#IWC#JAEGER-LECOULTRE#NOMOS GLASHÜTTE#VACHERON CONSTANTIN#VICTORINOX SWISS ARMY

2017年7月19日

新作時計はココで選べ! 今、押さえるべきトレンドキーワード【小型化】

2017年の新作時計もさまざまな特徴を携えたものが登場しましたが、多くのブランドで共通していたのが“復刻”と“小サイズ” […]

ph6135-1-2

Item #FORTIS#HUBLOT#JUNGHANS#NOMOS GLASHÜTTE#PRIM

2017年1月13日

誰にでも似合うから選ばれる モノトーンのドレスウオッチは最強!

黒、白、またはグレーカラーをベースにしたモノトーン色は年齢を問わずに誰でも似合うカラー。ドレスウオッチと組み合わせれば、 […]

034_main_dsc5688-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

Item #BVLGARI#CUERVO Y SOBRINOS#MONTBLANC#NOMOS GLASHÜTTE#PORSCHE DESIGN

2016年12月30日

本当に欲しいのはこの価格帯! 時計通を唸らせるリアルプライスウオッチ【30〜50万円台】

魅力的な腕時計は、何も100万円を用意しなくても十分に揃っています。とくに2016年の新作は、ミドルレンジの価格帯から良 […]

ダイバーアイキャッチ

Topics #BREITLING#LONGINES#NOMOS GLASHÜTTE#TAG HEUER

2017年7月12日

入門機でも一生付き合える! 失敗しない腕時計の見極め方【ダイバーズウオッチ編】

就職やプレゼント、自分へのご褒美……腕時計の購入タイミングは人それぞれ。ましてや初めての1本となると、どのブランドを選べ […]