REVERSO_JLC_396245J_STILLLIFE_2 のコピー

【SIHH2018先行発表】角形時計の名機レベルソがカーサ・ファリアーノのコードバンストラップを纏う

2017年12月28日

いわずと知れたスイス・マニュファクチュールブランドの名門ジャガー・ルクルトは、かねてからアルゼンチンのブーツブランド「カーサ・ファリアーノ」とパートナーシップを締結しています。2018年新作では、クラフトマンシップを極めた2ブランドの関係継続を記念して、ブティック限定100本のスペシャルピースが登場します。

 

レベルソ・トリビュート・デュオにカーサ・ファリアーノのコードバンという贅沢な組み合わせ

SIHH2018を前にジャガー・ルクルトから発表された新作は、角型ウオッチ不朽の名作「レベルソ」がベースとなります。このレベルソは、ポロ競技を楽しむイギリス軍の将校からの“競技中にも壊れない腕時計を”というリクエストを受けて誕生したもの。

ジャガー・ルクルトは、ムーブメントを収めた内側のケースとストラップをつなぐ外側のケースを分けた四角い腕時計を作り、競技中には内側のケースを反転させてガラスを守る構造を考案。このユニークなケース設計で、特許も取得しています。

そんな成り立ちのあるレベルソが、カーサ・ファリアーノとパートナーシップを締結するのは、自然な流れといえるでしょう。というのも、カーサ・ファリアーノは、ポロ用具メーカーの名門だから。

↑ジャガー・ルクルト「レベルソ・トリビュート・デュオ カーサ・ファリアーノ ストラップ」Ref.Q396 24 5J。手巻きCal.854/2。18Kピンクゴールドケース。縦49.4×横29.9mm。厚さ12.6mm。3気圧防水

↑ジャガー・ルクルト「レベルソ・トリビュート・デュオ カーサ・ファリアーノ ストラップ」Ref.Q396 24 5J。手巻きCal.854/2。18Kピンクゴールドケース。縦49.4×横29.9mm。厚さ12.6mm。3気圧防水

腕時計は、ケースを反転させると第二時間帯が表示されるデュオフェイスのムーブメントを採用したピンクゴールド仕様。スレートグレーカラーの文字盤は、アプライドインデックスとドーフィン針が特徴的な「トリビュート」のデザインとなっています。

これに対してストラップは、カーサ・ファリアーノが今回のモデルのために特別に制作したコードバンを採用。職人の手作業で仕上げられたバイカラーのデザインに、トーン・オン・トーンのステッチで、さりげなくも上質感の伝わる仕上がりとなっています。

 

アールデコ様式にならったデザインの美しさから、いまやレベルソは角型ドレスウオッチの王道として定着していますが、この限定モデルからは、そもそもの起源であるポロ競技用のスポーツウオッチとしての歴史を楽しむことができそうです。

REVERSO_JLC_396245J_STILLLIFE_2 のコピー

Related Article

ph_divers28

Item #EDOX#JAEGER-LECOULTRE#ROLEX#Sinn#ZODIAC

2016年12月4日

ダイバーズウオッチって何が凄いの? 時計技術の集大成である潜水時計を簡単攻略【カタログ編②】

ダイバーズの王道を行くロレックスほか、防水時計のジャンルで独自性を発揮する4ブランドの注目作を紹介します。100m~50 […]

ph6434-4

Item #BREITLING#IWC#JAEGER-LECOULTRE

2017年1月7日

今、買うべきモデルはコレだ! 腕時計人気ランキング2016【冬時計編】

新作も定番も全部まとめて“今、日本で新品を購入できる全機種”を対象に、読者と全国有力正規店にアンケートを実施。「欲しいモ […]

auntique11

Item #BREITLING#CWC#HAMILTON#HEUER#JAEGER-LECOULTRE#LONGINES#OMEGA

2016年12月12日

世界にひとつしかない自分だけの時計 バースデー・ヴィンテージウオッチを愉しむ【R40世代編ー1966年~1975年製】

個体ごとによって経年変化の状態が異なるヴィンテージ時計は、世界に二つとして同じモデルは存在しません。なかでも誕生年が自分 […]

JLC2017-eyecatch_IMG_7820 (1)

Item #JAEGER-LECOULTRE

2017年1月17日

【SIHH2017ジャガー・ルクルト】86年目は新世代レベルソ・クラシックに手巻きモデルが登場

ジュネーブで開かれているSIHH2017で発表された新作から、注目モデルを現地より発信していきます。今回は、ジャガー・ル […]

ムーブ6

Topics #GIRARD-PERREGAUX#JAEGER-LECOULTRE#ROLEX#ZENITH

2017年11月9日

【腕時計が多様化する今、何を選ぶ?】ブランドの個性を知るならムーブメントを見よ!(第①回)

ムーブメントは時計ブランドの技術力を見極めるうえで、特に欠かせない要素。各社はどんなところに注力しているのか?時計ツウの […]

grande-reverso-101-art-deco-h-fb

Topics #JAEGER-LECOULTRE

2016年11月18日

世界最小の手巻きムーブメントはマッチ棒の先端ほどのサイズに98個の部品を収納

時計に限らず、製品の小型化という技術革新は、多くのメーカーが目指すところでしょう。腕時計の世界では、スイス時計界の名門ジャガー・ルクルトが1929年に開発したキャリバー101が、世界最小の手巻きムーブメントとしていまも名を残しています。このキャリバーの詳細と特異なエピソードをご紹介します。