pr_99830-21-000-ba6a

【SIHH2018速報】ジラール・ペルゴは新生ロレアートのコレクション拡充と新感覚の複雑時計に活路を見出す

2018年2月15日

数年前までは角形の「ヴィンテージ1945」と丸形の「1966」が、ジラール・ペルゴのフラッグシップコレクションでした。これに新しく加わったのが、昨年にレギュラー化した1975年モデルの復刻版「ロレアート」のコレクション。34mm〜45mmまで4サイズあり、それぞれ色違い、素材違いのバリエーション展開も豊富に揃えた一挙34型を揃えてのデビューでした。2018年の国際高級腕時計展(SIHH)で発表した新作も、やはり話題の中心はロレアートです。

 

ロレアート42mm クロノグラフ

 

172万8000円/Ref.81020-11-131-11A 自動巻き。ステンレススチールケース&ブレスレット。直径42mm、厚さ12.01mm。100m防水

172万8000円/Ref.81020-11-131-11A
自動巻き。ステンレススチールケース&ブレスレット。直径42mm、厚さ12.01mm。100m防水

昨年発表の新生ロレアートに早くも加わったのが、このクロノグラフ仕様。クルー・ド・パリ装飾が施されたアイコニックな文字盤はシルバー、ブラック、ダークブルーのカラーが揃います。

18Kピンクゴールドケースもありますが、ロレアートのクロノグラフの注目はやはりステンレススチールケース。通常の高級時計には306Lと呼ばれる素材が使われますが、本機ではよりグレードの高いとされる904Lを使っているそうです。

裏蓋はクローズドのためムーブメントは見られませんが、代わりに自動巻きクロノグラフでありながら厚みを12.01mmにまで抑えつつ100mの防水性能も確保しています。

バンドは、ブレスレット仕様、またはアリゲーター仕様(ゴールドケースはアリゲーター仕様のみ)。写真は42mmですが、3針モデルでよく売れているという38mmのサイズも同じバリエーションで展開されます。こちらは価格が15万円ほど違うので、クロノグラフでも38mmが人気になりそうです。

 

ロレアート 42mm セラミック

 

176万400円/Ref.81005-32-631-32A 自動巻き。ブラックセラミックケース&ブレスレット。直径38mm、厚さ10.2mm。100m防水

176万400円/Ref.81005-32-631-32A
自動巻き。ブラックセラミックケース&ブレスレット。直径38mm、厚さ10.2mm。100m防水

今年は、ロレアートの3針モデルのバリエーションも拡充されました。そのハイライトが、セラミックをケースに使った本機。カラーはブラックとホワイトがあり、それぞれブレスレットまたはラバーストラップのバリエーションが揃います。もちろん42mmと38mmの複数サイズでの展開。こちらはシースルーバックとなっています。

 

クラシック ブリッジ 40mm

 

392万400円/Ref.86005-52-001-BB6A 自動巻き。18Kピンクゴールドケース。アリゲーターストラップ。直径40mm、厚さ11.7mm。30m防水

392万400円/Ref.86005-52-001-BB6A
自動巻き。18Kピンクゴールドケース。アリゲーターストラップ。直径40mm、厚さ11.7mm。30m防水

非コンプリケーションにも伝統のデザインを使うというテーマのもと、ロレアートとともに昨年から新しくコレクション化した「ブリッジ」からは、クラシックデザインのオープンワークダイアルの時計が登場しました。

文字盤の中央とテンプの支持にゴールド ブリッジを使い、ジラール・ペルゴらしいデザインが楽しめます。搭載するのは新開発のCal.GP08600-0001。このモデルにも45mmのサイズ違いがあり、そちらはGP08600-0002を搭載しています。

 

ミニッツリピーター トライアクシャル トゥールビヨン

 

5064万1200円/Ref.99830-21-000-BA6A 手巻き。チタンケース。アリゲーターストラップ。直径48mm、厚さ21.24mm。30m防水

5064万1200円/Ref.99830-21-000-BA6A
手巻き。チタンケース。アリゲーターストラップ。直径48mm、厚さ21.24mm。30m防水

ジラール・ペルゴは、コンプリケーションウオッチ製造の名手でもあります。その同社が手がけた最新の複雑時計がコチラ。

ミニッツリピーターの機構を文字盤側に組む手法は以前から使っていますが、これに3軸トゥールビヨンを組み合わせ、時間は文字盤の左右で時間と分を独立表示するという、まさに精緻なメカニズムを鑑賞するための時計となっています。

驚くべきはその軽さ。サイズは特大ですが、ストラップを含めても重さは68gを切るそうです。

 

ジラール・ペルゴ https://www.girard-perregaux.com/

pr_99830-21-000-ba6a

Related Article

logos_GP_historiques

Brand #GIRARD-PERREGAUX

2017年5月27日

【ブランド解説:ジラール・ペルゴ】高度な技術力で225年以上に及ぶ長い歴史を紡ぐ

1791年に創業したジラール・ペルゴは、時計界屈指のマニュファクチュールブランドです。時計好きには「GP」の愛称で親しま […]

GPキャッチ

Topics #AUDEMARS PIGUET#GIRARD-PERREGAUX#PATEK PHILLIPE

2017年7月28日

ビジネスシーンで大活躍の“ラグスポ” ロレアート参戦で見直される名機のセンス

様々なシーンやファッションに合う使い勝手の良さが魅力のラグジュアリースポーツ系ウオッチ。“ラグスポ”は1970年代に誕生 […]

厚さキャッチ

Topics #CITIZEN#GIRARD-PERREGAUX#MONTBLANC#PIAGET

2017年10月6日

流行りの極薄?それとも定番デカ厚?時計は“厚み”で選ぶ時代【前編】

ケースサイズの違いは腕時計の着け心地を大きく左右するものですが、いまは様々な直径の時計が数多く出揃っています。だからこそ […]

IWCアイキャッチ

Topics #BAUME&MERCIER#CARL F. BUCHERER#GIRARD-PERREGAUX#IWC#JAEGER-LECOULTRE#NOMOS GLASHÜTTE#VACHERON CONSTANTIN#VICTORINOX SWISS ARMY

2017年7月19日

新作時計はココで選べ! 今、押さえるべきトレンドキーワード【小型化】

2017年の新作時計もさまざまな特徴を携えたものが登場しましたが、多くのブランドで共通していたのが“復刻”と“小サイズ” […]

ムーブ6

Topics #GIRARD-PERREGAUX#JAEGER-LECOULTRE#ROLEX#ZENITH

2017年11月9日

【腕時計が多様化する今、何を選ぶ?】ブランドの個性を知るならムーブメントを見よ!(第①回)

ムーブメントは時計ブランドの技術力を見極めるうえで、特に欠かせない要素。各社はどんなところに注力しているのか?時計ツウの […]

LANGE-SAXONIA-THIN

Topics #A.LANGE&SÖHNE#GIRARD-PERREGAUX#IWC#JAEGER-LECOULTRE#NOMOS GLASHÜTTE#PATEK PHILLIPE

2017年8月2日

誠実性&育ちの良さを感じるのはアノ時計! 女性が選ぶ時計のイメージランキング【前編】

トレンドを見極めてモテると思って買った時計なのに、何故かあまり評判が良くない…そんな失敗を回避するため、WNが女性120 […]