A

面倒なブレスやベルト交換を一瞬で!大切な時計に使いたい、失敗知らずの秘密道具

2017年10月14日

ブレスやベルトを交換する際には「バネ棒はずし」を使ってバネ棒を片方ずつ着脱していきますが、作業が細やかで気をつかうし、なにより面倒なもの。そんな際に役立つのが、「両つかみ式バネ棒はずし」というグッズです。以前ご紹介した棒状のバネ棒はずしと違って、大切な時計のラグを傷つけてしまう心配も少なく、不器用さんでも作業がしやすい秘密道具です。

これさえあれば着脱もスムーズかつ安全B両つかみ式バネ棒はずしとは、バネ棒はずしの二股先端部を両端に装備した工具(ただし、バネ棒はずしの二股先端部を使用するタイプの時計にのみ使用可能)。本体を軽く握るように操作するだけで、ピンセットで挟むように左右からバネ棒をつまんで着脱ができる便利な操作性を持っています。

1使い方は簡単で、まずアーム横のネジで左右の刃先が同じ長さ(高さ)になるように調整(写真①)。次に、刃先の幅が時計のラグ幅と同じなるよう、器具中央のネジで調整します(写真②)。

3あとは刃先をラグの内側からバネ棒の肩部分に差し込んで、本体を軽く握るだけ(写真③)。刃先がスライドして簡単にバネ棒が左右ともはずれるので、本体を握ったままそっとブレスやベルトを引き抜いていきます(写真④)。取り付けの際は、逆の手順で行います。

 

サイズ合わせなど初期調整(写真①②)は少し手間ですが、一度調整しておけば同じ時計には何度でも使用が可能です。価格は1~3万円前後とやや高価ですが、これさえあれば交換作業はわずか数秒で完了。バネ棒も常に左右から挟んで固定されているので、片方ずつはずす際のように飛び出し事故の心配もありません。

服装に合わせて、そのつど時計のベルトやブレスも付け替えてコーデを楽しみたい、という方には特に重宝すること間違いなしなので、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

A

Related Article

ビートキャッチ

Maintenance

2017年10月4日

【あるある疑問をプロが解決!】ロービートとハイビート、部品の消耗度ってどれぐらい違うの?

かつて古い時代のムーブメントには、ロービートとハイビートで部品の消耗度に差がありました。しかし近年は部品の材質や機械油の […]

26832_00

Maintenance

2016年11月17日

知っていそうで意外に知らない腕時計の手入れとマナー【第5回】

腕時計の購入から活用法、手入れ、保管まで、中〜上級者だけが知っている裏技テクやノウハウを6回に分けてご紹介していきます。 […]

キャッチ

Maintenance

2017年8月17日

愛機の寿命を縮めることに!? 真夏にやりがちな“あるある”NG行為

  普段の何気ない行為が、あなたの大事な時計にダメージを与えているかも……!? そこで今回はセルフケアに慣れて […]

サビキャッチ

Maintenance

2017年8月5日

夏のヨゴレに要注意! ケース&ブレスに潜むサビを落とすメンテ術

毎日身に着ける腕時計は、知らず知らずのうちに日々の汚れがたまっていくもの。特に夏はたくさん汗をかくだけでなく、長時間太陽 […]

キャッチ

Maintenance

2017年11月18日

リューズのぐらつき・デイト表示の不調……こんな時、いくらかかる?【シーン別・腕時計のトラブル】

精密な機械製品である腕時計には、さまざまなトラブルが生じるもの。日頃のケアをしていても落下事故やサビ、作動不良など、トラ […]

3a4a1a4cb7296345c21181c297396e11

Maintenance

2017年9月24日

機械式時計の急な“時刻のズレ”、その原因は○○!?プロに預ける前に試してほしいセルフチェック

みなさんの時計は正確に時を刻んでいますか?普段身に着けていて、1日の中で10~30秒も誤差が出てくるようになったら注意。 […]