076-main-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

パトリック・ホフマンCEOが語るスイス時計界の名門「ユリス・ナルダン」の現在地

2016年12月20日

ユリス・ナルダンは、1846年の創業以来、各国の国際博覧会などで数々の賞を獲得してきた名門。2014年にケリング グループへと加わり、2017年からはSIHH(ジュネーブサロン)での新作発表を行うという決断を下した要注目ブランドの「今」を、CEOへのインタビューを交えて探っていきます。

 

旗艦モデルは「マリーン クロノメーター」

ユリス・ナルダンといえば、腕時計以前に開発していた航海用のデッキクロック「マリンクロノメーター」があまりにも有名。その技術力の優秀さは遠く海を越えて日本にも伝わり、日露戦争時代に使われた戦艦「三笠」にも備えられるほどでした。

 

この伝統を最も色濃く受け継ぐコレクションが、現代の「マリーン クロノメーター」。CEOのパトリック・ホフマン氏も「新生ユリス・ナルダンには欠かせない」と認める製品です。

079-01_2016214383

↑ユリス・ナルダン「マリーン クロノメーター マニュファクチュール 日本限定モデル 」216万円/Ref.1185-126LE/E0。日本限定20本

 

新体制に伴ってコレクションも再編

077-07_3_patrik-hoffmann-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

↑ユリス・ナルダンCEO/パトリック・ホフマン氏

「これまでは、溢れ出るイマジネーションのままに製品を開発していたため、コレクションが複雑化していました。これを、新体制になったのを機に一度整理することにしたのです。再編の主役は、『マリーン クロノメーター マニュファクチュール』。このモデルは、かつてのデッキクロックの意匠を保ちながら、ムーブメントは最新の自社製Cal.UN-118を搭載しています」(ホフマン氏)

 

↑Cal.UN-118は、人工ダイヤモンドでコーティングしたシリシウム「ダイヤモンシル」を、アンクルとガンギ車に採用。耐久性と耐磁性を高めた

↑Cal.UN-118は、人工ダイヤモンドでコーティングしたシリシウム「ダイヤモンシル」を、アンクルとガンギ車に採用。耐久性と耐磁性を高めた

 

ユリス・ナルダンは伝統を重んじるだけではなく、新たな技術も積極的に導入しています。近年のエポックメイキングな開発では、2001年にシリシウム素材を時計に初めて使ったことが挙げられるでしょう。

 

現在、多くの時計ブランドが採用するシリシウムをいち早く使用した事実だけでも、ユリス・ナルダンの先見の明がわかります。

 

「マリーン クロノメーター マニュファクチュールは、見た目はマリンクロノメーターの伝統を継承していますが、内部のメカニズムは極めて先進的。まさにユリス・ナルダンの歴史そのものを体現した時計といえます。2016年に発表した『グランド デッキ マリーン トゥールビヨン』のようなコンプリケーションを含め、これからもマリーン クロノメーターのコレクションには注力していきますよ」(ホフマン氏)

 

↑ユリス・ナルダン「グランド デッキ マリーン トゥールビヨン」3900万9600円(予価・発売時期未定)/Ref.6300-300/GD

↑ユリス・ナルダン「グランド デッキ マリーン トゥールビヨン」3900万9600円(予価・発売時期未定)/Ref.6300-300/GD

 

076-main-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

Related Article

shanghai pudong sunrise

Item #ULYSSE NARDIN

2017年7月13日

現代を生きるキャプテンのための海洋時計──ユリス・ナルダン「マリーン トルピユール」上陸

スイス時計界の名門、ユリス・ナルダンが、今年のSIHHで未発表だった新作を公開しました。その名も「マリーン トルピユール […]

Artemis Racing. 27th of April, 2017, Bermuda

Topics #ULYSSE NARDIN

2017年5月25日

【第35回アメリカズカップ】5月26日より開催されるクオリファイヤーズはアルテミス レーシング チームに注目

昨年、福岡で開催されたことにより、日本でも注目度が高まっている「アメリカズカップ」。昨年までの予選レースを経て、次のステ […]

↑Cal.UN-118

Item #ULYSSE NARDIN

2017年1月12日

パーツの徹底分解でわかったユリス・ナルダンのフラッグシップ「マリーン クロノメーター」が秘める驚異の作り込み【ムーブメント編】

ユリス・ナルダンは、言わずと知れた創業170年を数えるスイス時計界の名門。2017年から新作発表の場をSIHHに移すなど […]

032-01_07-22-16_watchnavi38409-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

Item #ARNOLD&SON#JEANRICHARD#ULYSSE NARDIN

2016年12月13日

これを押さえれば時計ツウの仲間入り! 腕時計最旬トレンドレポート【青文字盤】

毎年発表される数多くの新作から、2016年に注目を集めたトレンドについて見ていきます。流行が最も分かりやすいのは、やはり文字盤色。ここ数年で最も数が出ている「青文字盤」について、3型の時計を例にあげながら魅力を考えていきます。

078-01_2016214518-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

Item #ULYSSE NARDIN

2017年1月10日

パーツの徹底分解でわかったユリス・ナルダンのフラッグシップ「マリーン クロノメーター」が秘める驚異の作り込み【外装編】

ユリス・ナルダンは、言わずと知れた創業170年を数えるスイス時計界の名門。2017年から新作発表の場をSIHHに移すなど […]

040-07__dsc0117-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

Item #ANGELUS#MONTBLANC#TAG HEUER#ULYSSE NARDIN#ZENITH

2017年1月6日

「伝統」という壁をぶち壊した破格のコンプリケーションは新トレンドになりえるか!?

2016年のバーゼルワールドで最も注目を集めた新作といえば、タグ・ホイヤーの02Tをおいて他にはないでしょう。しかし、実 […]