%ef%bc%90%ef%bc%bf%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f

坂本龍一氏が受賞した第25回「モンブラン国際文化賞」の授賞式をレポート

2017年1月5日

四半世紀の歴史を持つ世界で唯一の“アートパトロン”国際文化表彰である「モンブラン国際文化章」の2016年度は、坂本龍一氏が受賞しました。自身が幅広く活躍するのみならず、若きアーティストの才能を伸ばすプロジェクトも数多く成し遂げてきた坂本氏の功績を、授賞式の模様と合わせて振り返ります。

 

「上の世代の責任として、下を育てなければいけない」

「モンブラン国際文化賞(Montblanc de la Culture – Montblanc Arts Patronage Award)」は、若い才能の擁護・育成などに尽力する芸術と文化の支援者“アートパトロン”として貢献している人を称える国際文化表彰です。

 

1992年に設立されてから毎年1回、世界各国で各芸術分野の中でパトロンとして活躍されている方々から、各国1名ずつが選ばれてきました。ちなみに、2016年度の対象国は、ドイツ、スイス、フランス、イギリス、イタリア、スペイン、ロシア、ギリシャ、アメリカ、メキシコ、コロンビア、ブラジル、中国、韓国、香港、そして日本です。

↑2016年度の各国受賞者を記したパネル

↑2016年度の各国受賞者を記したパネル

 

日本における直近の歴代受賞者は、オノ・ヨーコ氏(2011年)、市川猿翁氏(2013)、小沢征爾氏(2014)、熊川哲也氏(2015年)など、錚々たる顔ぶれ。ここに、2016年度の受賞者として坂本龍一氏が加わります。

↑2014年度の受賞者、小沢征爾氏

↑2014年度の受賞者、小沢征爾氏

 

坂本龍一氏の受賞理由について、公式発表で以下のように綴られています。

坂本龍一氏は、日本の音楽家ですが、彼にとって才能がある若い人材を支援することは自らの活動の中心に位置付けられています。彼は、これまでに数多くのさまざまなプロジェクトを発表し、音楽や舞台芸術、絵画、その他多種多様な分野のアーティストを支援してきました。この点に関して、彼は若いミュージシャンたちとの数多くの作品を発表し、数え切れないほどのコンサートを主催し、彼らの才能を大勢の聴衆に紹介してきました。山口市文化振興財団でアーティスティック・ディレクターの職責を担う坂本龍一は、各種のワークショップで自らの才能を次世代へ受け渡す形で同地域に住む子供たちの芸術教育に貢献しています。彼は、ベルリン国際映画祭のタレント・キャンパスで世界中から集まった若い新鋭の音楽家に作曲を指導し、日本では音楽活動を通じて子供の成長を支援するなど、世界的な取り組みに携わっています。また、音楽の上演を通じて東日本大震災の被災者の心を元気付け、世界中で受け入れられる音楽家の育成とその活躍をサポートすることを目的として、東北ユースオーケストラの代表理事と監督も務めています。そのパフォーマンス活動への取り組みにより、彼は日本や世界中の人々に東日本大震災の教訓やその惨禍の記憶を伝えています。

 

授賞式当日は、モンブラン特別限定品「パトロンシリーズ」の贈呈に続き、ゲストオブオーナーとして35年以上の親交がある村上龍氏が登場。坂本氏のお母様とのエピソードや楽曲への賛辞など、村上氏ならではのコメントがトーク形式で寄せられました。

↑受賞者には、モンブラン文化財団より、受賞者が支援する団体に寄付金15,000ユーロが贈られます。坂本龍一氏は、その寄付先に「東北ユースオーケストラ」を指定されました。また、文化・芸術の発展に貢献した人物に敬意を表し、世界の歴史に名を残すアートパトロンに捧げてデザインされたモンブラン特別限定品「パトロンシリーズ」の万年筆のスペシャルバージョンが、副賞として受賞者に授与されます。2016年度の「パトロンシリーズ」は、20世紀アメリカを代表するモダンアートの収集家であり庇護者であった女傑、ペギー・グッゲンハイムにオマージュを捧げてデザインされたものです。この特別な筆記具は、毎年受賞者の人数分と、モンブランミュージアムに永久保存される1本のみの生産となり、大変稀少なものとなっています。また、受賞者のイニシャルを刻印して贈呈されるため、世界に唯一無二の筆記具となります。もし同様な仕様の万年筆を販売するとしたら、日本円で150万円は下らない品となるでしょう。世界史に名を残すアートパトロンのエスプリを集大成したこの万年筆は、授賞式セレモニーの当日、喝采の中、専用台座トロフィーに据えられて、今を生きるパトロンたちの栄誉を讃えるのです。

↑坂本龍一氏は、モンブラン文化財団より贈呈された寄付金15,000ユーロの寄付先を「東北ユースオーケストラ」に指定。また副賞として、世界の歴史に名を残すアートパトロンに捧げてデザインされたモンブラン特別限定品「パトロンシリーズ」の万年筆のスペシャルバージョンが授与された。2016年度の「パトロンシリーズ」は、20世紀アメリカを代表するモダンアートの収集家であり庇護者であった女傑、ペギー・グッゲンハイムにオマージュを捧げてデザインされたもの。この特別な筆記具は、毎年受賞者の人数分と、モンブランミュージアムに永久保存される1本のみの生産となる

 

↑ゲストオブオーナーとして登場した村上龍氏と坂本龍一氏

↑ゲストオブオーナーとして登場した村上龍氏と坂本龍一氏

 

さらに、坂本氏が音楽監督を務める東日本大震災を体験した小学生から大学生までの混成オーケストラ「東北ユースオーケストラ」の有志2名と『Merry Christmas Mr.Lawrence』『美貌の青空』の2曲を披露。張り詰めた緊張感の中にも夢のような時間を楽しむ2名の演奏が、会場に大きな感動を呼びました。

%ef%bc%90%ef%bc%bf%e5%85%a8%e4%bd%93

 

今回の受賞に際し、坂本氏は次のように述べています。

%ef%bc%90%ef%bc%bf%e5%9d%82%e6%9c%ac%e6%b0%8f

「このようなプレスティージャス(名誉ある)な賞をいただいていいのだろうかという 気持ちでいっぱいです。歳を取ってくると上の世代の責任として、下を育てなければいけない。また一生懸命自分が色々やってきたことなど、経験を伝えるのも大切な役目だと感じています。過去受賞されているオノ・ヨーコさんや小澤征爾さん等と並んでしまうと僕なんかでいいのかという気持ちが強いですが、しっかり受け止めてこれからも精進して参ります」

 

いつの時代も、若きアーティストの育成には支援者の存在が欠かせないもの。その点において、若手を影で支え続けるパトロンにスポットライトを当て、その活動を広く世界に知らせる「モンブラン国際文化賞」は、非常に有意義な賞だといえます。

 

今回の受賞を機に坂本氏の活動が世界中に知れ渡り、同氏が支援する若き才能がより活躍しやすい土壌が築かれていくことを願ってやみません。

%ef%bc%90%ef%bc%bf%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f

Related Article

無題

Topics #FREDERIQUE CONSTANT#HAMILTON#JUNGHANS#MONTBLANC

2017年7月1日

入門機でも一生付き合える! 失敗しない腕時計の見極め方【クラシックウオッチ編】

就職やプレゼント、自分へのご褒美……腕時計の購入タイミングは人それぞれ。ましてや初めての1本となると、どのブランドを選べ […]

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-12

Item #LONGINES#MONTBLANC#PIAGET#SEIKO

2016年12月7日

人気ブランドが凌ぎを削る! クロノグラフの現在地【カタログ編②】

メカニカルな意匠で人気を集めるクロノグラフですが、ここではひと際個性を放つ4ブランドに注目しました。スプリングドライブの […]

Rohschuss = 09230943

Item #MONTBLANC

2017年1月14日

モンブランのSIHH2017先出し新作はブロンズケース採用のヒストリカルウオッチ

2017年のSIHH会場発表を前に、モンブランが最新作を世界のメディアに向けて発信しました。名門ミネルバの伝統を継承する […]

040-07__dsc0117-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

Item #ANGELUS#MONTBLANC#TAG HEUER#ULYSSE NARDIN#ZENITH

2017年1月6日

「伝統」という壁をぶち壊した破格のコンプリケーションは新トレンドになりえるか!?

2016年のバーゼルワールドで最も注目を集めた新作といえば、タグ・ホイヤーの02Tをおいて他にはないでしょう。しかし、実 […]

ph6134-2

Item #GIRAD-PERREGAUX#GRAND SEIKO#LOUIS VUITTON#MONTBLANC#PATEK PHILLIPE

2017年1月13日

気分は、世界を股に駆けるデキる男! 日常で使いたいマルチタイムウオッチ5選

国際派のR40世代から注目度が高いのがマルチタイム。2つ以上の時間を表示するため、文字盤デザインに与える影響が大きく、デ […]

034_main_dsc5688-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

Item #BVLGARI#CUERVO Y SOBRINOS#MONTBLANC#NOMOS GLASHÜTTE#PORSCHE DESIGN

2016年12月30日

本当に欲しいのはこの価格帯! 時計通を唸らせるリアルプライスウオッチ【30〜50万円台】

魅力的な腕時計は、何も100万円を用意しなくても十分に揃っています。とくに2016年の新作は、ミドルレンジの価格帯から良 […]