_MG_3643

MY TIME〜私の時間術〜 Vol.3 1秒1秒を大切に積み上げている――吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)

2017年2月27日

時間は誰にでも平等。だからこそ1日24時間、その限られた時間をどう使うかが「人生を楽しむ」ための鍵となります。様々な業界で活躍する人物から「時間術」を聞く本連載。第3回はニッポン放送アナウンサーの吉田尚記さんにお話を聞きました。

撮影/高橋敬大 文/赤坂匡介

 

_MG_3626

「日本でいちばん有名なラジオの局アナウンサー」と言っても過言ではない吉田さん。ラジオ愛にあふれ、リスナーを「友だちだと思っている」というその姿勢は多くの人から支持を受け、今や局アナの枠を越え、イベントMC、執筆など幅広い分野で活躍しています。一方で、現在も週に5回の生放送をこなすなど、その生活は多忙を極めています。

そんな吉田さんに日々、どんな時間の使い方をしているのか聞いてみると、そこには「失敗やトラブルは財産」という吉田流の時間術がありました。

 

 

_MG_3582

――週に5回の生放送だけでも充分にお忙しい中、さらにさまざまな活動をされている吉田さんですが、毎日欠かさずしている“日課”はありますか?

僕は月曜から木曜まで『ミュ〜コミ+プラス』という番組の生放送を担当しています。さらにイベントの企画やMC などをしている関係もあって、出勤時間や起床時間は日によって異なるんです。

本当は毎日、決まった時間に起きた方がいいのかもしれませんが、僕はそもそもペースというものを意識していません。基本は「目の前のものに全力で向き合う」というのが僕のスタイルです。だから長期的な展望のようなものも持っていません。これはあえて、というより、そういう性格なんでしょうね。

ただ、「いつまでにこれをやる」という課題があったら、期限より先にやります。目の前に来たら、すぐに取り組むようにしています。

 

――ただでさえ忙しい中で、「すぐに取り組む」はかなり負担ではないですか?

僕は日々を、フルマラソンではなく、短距離走を何本も走っているような感覚で過ごしています。正直、無理をしていないと言えば嘘になるかもしれません。ただ、目の前にあるものを放置しておくと、自分の気持ち的に落ち着かないんです。だから、できるかできないは別問題で、まずは「箱を開けてみる」というのを大切にしています。

 

――業務量が増えれば、ときにミスもあると思います。その中で、失敗することが怖くなることはないですか?

ないですね。最近だとAIとプロによる将棋の対局がよくニュースになりますが、AIが強くなるのは「負けたとき」だけなんです。これは人間も一緒だと僕は思うんです。だから失敗は怖くありません。

それに僕の場合、失敗を「ネタ」できるという強みもあります。先日も海外に行ったら、空港に預けた荷物を紛失してしまったのですが、落ち込むと同時に、「この不幸はラジオで話せるな」と、ニヤリとしてしまう自分がいたりします(笑)。

だから日本中の人がみんなパーソナリティになれば、世の中から不幸なんてなくなると思うんです。少なくとも、自分の不幸を笑い話にできれば、もっと楽に生きられると思います。そうなれば、不幸も失敗も「財産」に変わりますから。

 

――そんな吉田さんが日々の中で、“いちばん好きな時間”は何をしているときですか?

ラジオの本番中ですね。PRという側面だけで見れば、単純にテレビの方がリーチはあるはずですが、それでもタレントさんによっては、「テレビは出ないけど、ラジオは出る」という方がいるんです。

これはラジオに、PRの力を超えた“何か”がある証拠だと思います。

 

僕はラジオを「人の気配、発生装置」だと考えています。ちょっと寂しいなと思うとき、ラジオをつければ気分が紛れることもあります。さらにそこには、まるでファミリーレストランを訪れて、隣の席の会話を聞いているような“気楽さ”があります。

なぜ気楽なのかといえば、リアクションをしなくていいからです。「つまらない」の代名詞といえば、上司の話や学校の授業ですが、どちらもときにリアクションすることが求められます。それが実は、聞き手からすると意外と負担なんです。

ですが一方で、本当は、人は人の話が好きだし、どこかで人と関わりたいとも思っています。それをラジオは、いちばんいい形で実現してくれるものなんです。だから聞いていて、とても心地がいいんです。

 

1秒1秒を大切に積み上げている。

――ラジオの本番中に腕時計を見ることもありますか?

ありますね。だから時計にいちばん求めることは、正確な時間を刻んでいることです。今日はいくつか持ってきたんですが、どれも時間の狂わない電波時計です。それは、1秒でも時間がズレていたら、仕事にならないからです。

 

ラジオの生放送というのは、秒単位の感覚を持っている必要があります。

たとえば、同じラジオCMでも、「32秒で読む」ときもあれば、「32.5秒で読む」こともあります。その要望に合わせ、ラジオ局のアナウンサーは秒単位で調整しながら、原稿を読み上げます。だからストップウォッチを持っていないアナウンサーはいません。

↑吉田さんが「常に時間表示されるのが気に入っている」と語る、中央・SONYのスマートウォッチ「Smartband talk SWR30」。時間の表示部分は、電子ペーパーになっている。

↑吉田さんが「常に時間表示されるのが気に入っている」と語る、中央・SONYのスマートウォッチ「Smartband talk SWR30」。時間の表示部分は、電子ペーパーになっている。

 

――ラジオをやっているからこそ、気付いたことはありますか?

1秒に秘められた可能性ですね。ラジオをやっていると、「1秒あれば何でもできる」という気分になります。

たとえば1秒あれば、人を元気にすることだってできます。たった一言、「がんばれ」と発するだけで、誰かを勇気づけることもできます。

その逆に、1秒で誰かを傷つけてしまうこともあります。だから、なるべくそんなことはないように、僕のラジオを聞いて悲しむ人がいないように、「できれば笑顔でいてほしい」と願いながら、1秒1秒をいつも大切に積み上げています。

 

_MG_3643

吉田尚記(よしだ・ひさのり) ニッポン放送アナウンサー

1975年東京生まれ。大学卒業後、ニッポン放送に入社。2012年に、第49回ギャラクシー賞DJパーソナリティ賞を受賞。現在、ラジオ『ミュ~コミ+プラス』(ニッポン放送)、『週刊ラジオ情報センター』(ツイキャス)などで、パーソナリティとして活躍中。マンガやアニメ、デジタル関係にも詳しく、その知識を活かし、さまざまな分野にも活動の幅を広げている。主な著書に『ツイッターってラジオだ』(講談社)、『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』(太田出版)。

_MG_3643

Related Article

ph5-1-1001x720

Topics #G-SHOCK

2017年9月2日

日本が世界に誇る腕時計「G-SHOCK」列伝【1995年編】

腕時計界で革命を巻き起こし続ける「G-SHOCK」は、初代モデルが誕生した1983年から現在まで幾多の傑作が生まれていま […]

MYTIME譚大アア讒・_24A6835-2web

People

2017年10月19日

MY TIME〜私の時間術〜 Vol.18 食にこだわることは、自分を大切にすること――村山彩(食欲コンサルタント)

時間は誰にでも平等。だからこそ1日24時間、その限られた時間をどう使うかが「人生を楽しむ」ための鍵となります。様々な業界 […]

cemento_2

Item #GIULIANO MAZZUOLI

2017年2月25日

素材感がハンパない! “セメント”から作られたジュリアーノ・マッツォーリの最新「マノメトロ」

イタリア・フィレンツェを拠点とするジュリアーノ・マッツォーリから、イタリア産のセメントをケースに使った新作が発表されまし […]

モンブラン「タイムウォーカー クロノグラフ ラリータイマーカウンター リミテッドエディション100」471万960円(予価)/Ref.116103

Item #MONTBLANC

2017年1月26日

【SIHH2017モンブラン】定番「タイムウォーカー」が精悍ドライビングウオッチにリニューアル

SIHH2017で発表された新作を取り上げていきます。今回は、モンブラン。2003年に誕生してから、長らく大黒柱としてウ […]

らアイキャッチ

Topics #BELL&ROSS#RALPH LAUREN#ZENITH

2017年9月20日

ヴィンテージ感がたまらない!熟成を楽しむ秋のエイジングウオッチのススメ

経年変化したような独特の風合いが特徴的なエイジング加工。あえてサビやキズをつけることでタフさや男らしさを演出してくれると […]

PH46-1-1200x720

Brand #G-SHOCK

2017年8月21日

日本が世界に誇る腕時計「G-SHOCK」列伝【1980年代編】

腕時計界で革命を巻き起こし続ける「G-SHOCK」は、初代モデルが誕生した1983年から現在まで幾多の傑作が生まれていま […]