285_01

昭和天皇が愛用した時計

2016年11月18日

昭和天皇は、シチズンの懐中時計を愛用されていたと言われています。ではなぜ、シチズンの時計だったのでしょうか?
その知られざるエピソードをご紹介します。

昭和天皇がポケットから取り出したのは、尚工舎(現シチズン)」が発売したばかりの第1号モデルだった

現在のシチズンは、1918年に尚工舎時計研究所という社名で誕生しました。
同社の最初の製品は、1924年に完成した「16型」。
携帯時計の主流が輸入品の懐中時計だった時代に、独自の設計で作り上げた国産時計でした。

 

285_02

昭和天皇が愛用したものと同型の尚工舎製16型懐中時計(1924年から発売開始)

のちに社名ともなったCITIZEN(=市民)という製品名が与えられた懐中時計で、この製品が昭和天皇の手にもわたったとされています。

その経緯について、いまも残る逸話があります。

昭和2年(1927年)に名古屋での旧陸軍晩餐会で、コーヒーを楽しみながらの歓談中、一人の紳士が手持ちの時計を見せ「陛下、これは外国製でございますが、まことに良く(正確に)合います。日本製のものはどうも不正確でまだまだ到底、外国製には及びません」と申し上げたところ、陛下は無造作にズボンの右ポケットから懐中時計を取り出し「私のこの時計は12円50銭の国産品だけれども、とても良く合うよ」と嬉しそうに示したのが、「尚工舎(現シチズン)」が発売したばかりの同社第1号モデル「CITIZEN(16型)」だった。

ちなみに、「CITIZEN」の名称は、当時東京市長だった後藤新平氏が「市民に親しまれる」という意味で命名したものでした。

時計は官費購入品ではなく、名侍従と謳われた木下道雄氏が東宮侍従の頃、京橋の「山崎商店」で2個購入したもの。

↑昭和天皇に侍従として仕えた木下道雄氏

昭和天皇に侍従として仕えた木下道雄氏

1個を私用に、1個を陛下に謹呈されたものと伝えられています。

【URL】
CITIZENのキセキ http://citizen.jp/locus/

285_01

Related Article

GRAND SEIKO

Topics #CITIZEN#GRAND SEIKO

2017年6月13日

シチズン&セイコーの最高峰モデルが勢ぞろいする銀座・日新堂【ジャパンウオッチフェア2017】開催中

明治25年より創業する老舗の高級時計専門店・日新堂 銀座本店。6月10日「時の記念日」から6月25日まで、「ジャパンウオ […]

ph64-1

Item #CASIO#CITIZEN#SEIKO

2017年1月20日

最先端テクノロジーを満載するGPSウオッチ セイコー、カシオ、シチズンで性能はどう違う?

世界中どこでも正確な時刻を表示する GPS 時計。もはやボタンひとつでGPS衛星電波を受信できるのは当たり前で、各社とも […]

BZ1034-52E_web_B

Item #CITIZEN

2017年2月18日

Bluetoothで繋がるソーラー発電ウオッチが「スーパーチタニウム™」でさらに進化!

シチズンが開発した新しいBluetooth連携モデルの第2弾として、高機能素材「スーパーチタニウム™」をケースに使った新 […]

BZ1020-22E

Item #CITIZEN

2017年6月26日

2か月で完売したシチズン「エコ・ドライブ Bluetooth」に大本命のブルーモデルが登場

昨年12月にシチズンが限定3000本で発表し、約2か月で完売してしまった大人気アナログ式Bluetoothウオッチ「エコ […]

イメージ1

Item #CITIZEN

2017年6月1日

2014年発表の試作機が遂に製品化! シチズン初のトゥールビヨンは大丸創業300周年記念限定モデル

2017年に大丸が創業300周年を迎えた大丸松坂屋百貨店の記念モデルとして、シチズン初となるトゥールビヨンウオッチが発表 […]

HyperFocal: 0

Item #CITIZEN

2017年5月24日

6月10日「時の記念日」に発売されるシチズン限定モデルはオリジナル楽曲も聴き逃せない!

1976年に世界で初めてアナログ式光発電時計を開発して以来、シチズンの光発電エコ・ドライブは主要製品に欠かせない技術です […]