無題3

MY TIME〜私の時間術〜 Vol.9 “小さい主語”で届けるために、 現場取材を欠かすことはできないー堀 潤(ジャーナリスト/NPO法人8bitNews代表)

2017年6月5日

時間は誰にでも平等。だからこそ1日24時間、その限られた時間をどう使うかが「人生を楽しむ」ための鍵となります。様々な業界で活躍する人物から「時間術」を聞く本連載。第9回はジャーナリストであり、NPO法人8bitNews代表を務める堀 潤さんにお話を聞きました。

撮影/高橋敬大 文/赤坂匡介

 

ニュースキャスターの仕事は「小さい主語を探す」こと

horijyun2

――堀さんは現在、朝の報道番組でMCを担当しています。毎日何時頃に起床しているのですか?

「大体、朝の5時頃ですね。そこから深夜の1時くらいまでが僕の稼働時間です。とはいえ、1日4時間の睡眠では身体が持ちませんから、移動時間に仮眠を取るようにしています。乗ったと思ったら、次の瞬間には寝ていますね(笑)。今はそれが、月曜から日曜まで続いているような状態なので、とにかく時間が足りません」

 

――その中で、いつジャーナリストとして取材活動をしているのですか?

「それでも時間をこじ開けて、現場に行きます。やはりメディアで発信する立場として、「◯◯らしいですよ」とか、「◯◯みたいですよ」とは言いたくないんです。それは僕にとって責任を放棄することと同じです。だから熊本で地震が起きたときも、発生から半年間は毎週、現場へ通い取材していました。今でも毎月通って取材を続けています。また、事件などがあれば韓国や台湾の日帰り取材もしばしば。先日は3日間番組を休んでパレスチナで紛争地域を取材しました」

 

――無理をしてまで、現場取材にこだわる理由は何ですか?

「僕は自分の仕事を『小さい主語を探す仕事』だと思っているんです。“日本は”とか、“若者は”とか、大きい主語は使いやすいですし、何となく何かを言ったよう気にもなるのですが、それが全てではありません。たとえば震災が発生した際も、人によって状況は異なります。だからこそ、“◯◯県◯◯町で商店を営んでいた◯◯さんは、現在こうなんです”という事実を伝えることが重要なんです。そういう愚直な積み重ねが大切だと僕は信じていますし、それが今、メディアに求められているものだと思っています」

horijyun3

↑堀さんが取材する際に“欠かせない”必需品たち。 現地からニュースを配信できるよう、ヘルメット、 ドローン、ビデオカメラ、スマホを持って、「時間をこじあけ、現場へ飛んで行く」

 

――現在もそうですが、NHK時代から取材熱心な印象です。辞めてから変わったことはありますか?

「忙しさは当時と同じくらいですが、NHK時代よりも現在の方が疲労感は少ないです。NHKにいたときは、自分が発信できる長さは決まっていました。ニュースリポートなら長くても3分半。日々のニュースで届けられるのは極わずか。4時間分撮影テープを回しても、放送に使うのは3分、なんてことが当たり前の日常でした。しかし、残りの3時間57分の中には、「堀さんを信じて話します」と言って取材に応じてくれた人もいたんです。つまり、放送しないということは、その人たちの思いを裏切ることでもありました。それがいつも申し訳なかった。それは僕だけでなく、ディレクターやカメラマンも同じ気持ちだったと思います。しかし今なら、その4時間をフル活用して、ネット上で動画を公開することもできますし、記事にすることもできます。発信への自由度が高まったことで、心が軽くなり、おのずと疲労感も軽減しました」

 

――そうしてアーカイブされていく、様々なニュース動画は、誰のために残しているのですか?

「独立してからは、取材も経費ではなく自腹ですから、現場へ行くことの意味をさらに考えるようになりました。たどり着いたのは、『未来の人たちのために残す』ということです。10年後、振り返ったときに何もないことのないように、僕が残しておこう。それが未来の役に立つことを願って」

無題

↑今回堀さんに着用いただいた1本は、ゼニスのフラッグシップ。インダイアルまでブルーで統一された新色で、よりモダンかつ精悍な印象だ。シリコン製のガンギ車を用いた新世代ムーブを搭載。SSケース。42mm。10気圧防水

 

腕時計は共に時を刻む相棒のような存在

――日々お忙しい堀さんが、腕時計に求めるものは何ですか?

「遅れない、止まらないということですね。僕は毎日、時計の針を見ているんです。スタジオに行くと、常に秒針が動いていますから。時計という物は、常に未来なんです。次の1分とか次の1時間とか、それがあるからがんばれる。もしその時計が止まってしまったら、自分まで見失いそうで怖いですね。だから腕時計は、一緒に時を刻み続ける相棒というか。『お前も未来を刻むためにがんばっているから、オレもがんばるか』。そんな風に思える存在です。それに、歩みと共に、傷なり、くすみが刻まれていくのも、自分の過去まで一緒に刻まれていくようで好きですね」

無題

堀 潤(ほりじゅん)

ジャーナリスト/NPO法人8bitNews代表

1977年生まれ。NHKアナウンサーを経て、2013年に独立。現在は「8bitNews」主宰、フリーキャスター・ジャーナリストとして活躍中

無題3

Related Article

無題

Maintenance

2017年9月6日

こんな時、いくらかかる?【シーン別・腕時計のトラブル】修理&費用を解説!

精密な機械製品である腕時計には、さまざまなトラブルが生じるもの。日頃のケアをしていても落下事故やサビ、作動不良など、トラ […]

↑「ウブロ ポップアップブティク 表参道」オープン日程:2017年5月16日(火)~6月11日(日)、営業時間:11:00~20:00 (最終日は~17:00)、場所:表参道ヒルズ R スタジオ/東京都渋谷区神宮前4-12-10

Topics #HUBLOT

2017年5月23日

【5月25日限定!】FIFA ワールドカップ優勝トロフィーが表参道のウブロポップアップブティックにやってくる

現在、ウブロは表参道ヒルズにポップアップブティックを展開しています。ここに、5月25日の1日限定でFIFAワールドカップ […]

2代目W.C.C.S.モデル DW-8201WC-2T

Brand #G-SHOCK

2017年9月23日

イルクジに続いて海洋環境保護に貢献! 2代目W.C.C.S.モデルは鏡面仕上げのチタンで弱点を克服【G-SHOCK列伝18】

見た目は2代目W.C.C.S.モデルとそっくりですが、美しい鏡面仕上げのケースはステンレススチールではなくチタン製。ゴー […]

nm3038d-ll3j-wh_night_front_special-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

Item #BALL

2016年12月6日

ボール ウォッチの創業125周年モデル第二弾はエナメル文字盤採用のクラシックフェイス

「タフ&ディペンダブル」をスローガンに、視認性に優れたタフウオッチを手がけ続けるボール ウォッチから、創業125周年を記念した特別モデルが登場しました。限定数は125本、価格は税込みで27万円となります。

01123-357bu4buin4

Item #EDOX

2017年9月27日

日本上陸10周年のEDOX、ロマンと冒険心をくすぐる「グランドオーシャン」世界100本限定モデルを発表

ダイバーズウオッチの先駆者でありハイスペックウオッチを数多く手がけてきたエドックスが、日本上陸から10年を迎えました。そ […]

無題

Maintenance

2017年9月29日

こうすれば誰でも簡単! 今すぐ使えるブレスレット&ベルト交換術【前編】

ブレスやベルトをカスタマイズしたり、古くなったから交換したい!でも素人だと作業するのは難しそう…なんて思っている方も多い […]