MYTIME10蜍晞俣讒禄_MG_0126

MY TIME〜私の時間術〜 Vol.10 お酒の時間は、いちばんの時間泥棒――勝間和代(経済評論家・著述家・講師)

2017年6月12日

時間は誰にでも平等。だからこそ1日24時間、その限られた時間をどう使うかが「人生を楽しむ」ための鍵となります。様々な業界で活躍する人物から「時間術」を聞く本連載。第10回は経済評論家をはじめ、マルチに活躍する勝間和代さんにお話を聞きました。

 

撮影/高橋敬大 文/赤坂匡介

頼れるものには頼った方がいいと思っているんです

MYTIME10蜍晞俣讒禄_MG_0091

経済評論家として著作も多く、マルチに活躍している勝間和代さん。現在は株式会社監査と分析取締役、内閣府男女共同参画会議議員、中央大学ビジネススクール客員教授としての顔も持ちます。さらに2016年には、自身でプロデュースしたゲームカフェ「THE WINWIN(ウィンウィン)」をオープン。

そんな勝間さんに、多忙な日々の時間の中で、どんな風に時間を使っているか聞いてみると、そこには「自分を信じていないからこそ、テクノロジーをフル活用する」という勝間流の時間術がありました。

MYTIME10蜍晞俣讒禄_MG_9997

――勝間さんの活動は多岐に渡ります。お忙しい毎日の中で、欠かさずしていることはありますか?

欠かさないのは、寝ることですね。1日8時間くらいは睡眠を取りたいと思っているんです。これは自分の時間を1日24時間で捉えるのではなく、100年で考えたときに、いちばん最適な睡眠時間を考えたんです。

睡眠が短くなれば、パーフォーマンスも落ちます。だったら最初から、8時間睡眠を心掛けた方が人生を100年で捉えると効率的なんです。

――他にも、「欠かさずしていること」はありますか?

私はむしろ、意識的にしていないことがあるんですよ。それはお酒を飲まないことです。いちばんの時間泥棒は、お酒の時間だと私は思っているんです。たとえば「どうですか、軽く一杯」なんて会話がありますけど、お酒の仕組みとして、一杯なんてありえないわけですよ。絶対一杯飲んだら、もっと飲みたくなるじゃないですか(笑)。

 

――そうやって、忙しい中で時間を作っているんですね。

というよりも、私は1日にやることを少なくしているんです。最近だと、ご飯を作るときも稼働しているのはAI家電がほとんどで、私自身が稼働しているのは10分ほどです。しかも、AI家電を使うことで料理の幅が狭くなるかというと、そんなこともないんです。ただ、オムレツだけは、唯一作れないのですが…(苦笑)。

 

――たしかに簡略化できるものは、簡略化した方が効率的ですよね。

というよりも、私は自分を信じてないんですよ、まったく。たとえば家から歩いて40分の場所があって、バスなら15分、電車なら10分で着くとなれば、公共交通機関を使った方がはるかに効率的ですよね。

それと基本は同じです。頼れるものには頼った方がいいと私は思っているんです。

最近だと、原稿の執筆も音声入力に切り替えました。キーボードだと、どんなにがんばっても分速75文字ほどらしいのですが、これが音声だと分速300文字くらいになるらしいんです。もちろん最後に校正は若干必要ですが、手も疲れませんし、非常に便利ですよ。

 

今やiPhoneより、Apple Watchを忘れる方が困る

――今日着けているのはApple Watchですね。時間を正確に刻む腕時計がお好きなのですか?

そうですね。昔はグランドセイコーとか、絶対に時間がずれないものをしていました。ここ最近はずっとApple Watchをしています。

今しているのは「SERIES2」なんですが、いちばんの魅力はSuica機能を搭載していることです。他にも電子マネー「ID」なども利用できるので、お財布がいらなくなりました。

講演の際にはタイマー機能も利用しますし、iPhoneを出さなくても、Apple Watchで通話できるのも便利です。万歩計の機能もあるので、1日にどれくらい歩いたかわかるのもうれしいですね。

MYTIME10蜍晞俣讒禄_MG_9960

↑ボードゲームが大好きな勝間さん愛用の「Apple Watch」

――万歩計の機能も使っているとなると、腕時計は1日中しているのですか?

基本的にしていますね。Apple Watchは防水なので、洗い物も着けたままできますし、寝るまでし続けていることが多いです。

スケジュールも見られますし、電車やバスにも乗れる。だから今や、iPhoneを家に忘れるよりも、Apple Watchを忘れる方が困ります(笑)。

 

――新しいものを取り入れることに不安はないですか?

ないですね。自分に合わなければ、やめればいいわけですから。それに新しいツールに触れることが楽しいんですよね。ネット通販も好きで、よく利用しています。何がいいって、レジに並ばなくていいわけですから(笑)。

 

――あらゆるものを活用して、毎日を楽しく生きている勝間さん。今後の目標は何ですか?

日本は「枠から外れると、損する社会」という風潮があります。枠の内側にいる人たちも、その価値観を押し付け合っているようなところがありますし。ですが、そんな社会で生きていくことは息苦しいじゃないですか。

だから私はみなさんに、「枠からはみ出てもいいんだよ。枠からはみ出ると、意外と楽しいよ」ということを、もっと伝えていきたいですね。

MYTIME10蜍晞俣讒禄_MG_0126

勝間和代(かつま・かずよ)

経済評論家・著述家・講師

1968年生まれ。当時最年少の19歳で会計士補の資格を取得し、大学在学中から監査法人に勤務。アーサー・アンダーセン、マッキンゼー、JPモルガンを経て独立。現在は経済評論家をはじめ、株式会社監査と分析取締役、内閣府男女共同参画会議議員、中央大学ビジネススクール客員教授など幅広く活躍中。また著作多数。近著に『勝間式 超ロジカル家事』(アチーブメント出版)がある。さらに2016年には、自身がプロデュースしたゲームカフェ「THE WINWIN」をオープン。

MYTIME10蜍晞俣讒禄_MG_0126

Related Article

ph6170-1jpg

Item #BREITLING

2016年12月19日

ブライトリングが誇るクロノマットの製造工程を取材 “プロの計器”であるためのこだわりとは?

ブライトリングの創業100周年にあたる1984年に誕生したクロノマットは飽くなき進化を続け、2009に現行モデルが誕生。 […]

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-12

Item #LONGINES#MONTBLANC#PIAGET#SEIKO

2016年12月7日

人気ブランドが凌ぎを削る! クロノグラフの現在地【カタログ編②】

メカニカルな意匠で人気を集めるクロノグラフですが、ここではひと際個性を放つ4ブランドに注目しました。スプリングドライブの […]

033-09_historiador-squelette_photo_low-res_3191-1sqs-editorial-814x1024%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

Item #BULOVA#CUERVO Y SOBRINOS#ORIS

2016年12月15日

スケルトンウオッチ全盛期でわかった腕時計の「引き算の美学」

今、時計界では文字盤側からもムーブメントの動きが確認できるスケルトンウオッチが多くのブランドから登場しています。このデザインがなぜ盛り上がっているのか。その謎をエントリーウオッチから読み解いていきます。

2017_05_23_RM27-02-202408_rev0

Item #RICHARD MILLE

2017年5月26日

【リシャール・ミル】身に着けるF1マシンの最新作は10000Gの耐衝撃性能を持つエクストリームウオッチ

あらゆる産業における最新鋭の高機能素材を腕時計の素材に使い、圧倒的ハイスペックを実現し続けているリシャール・ミルが、新作 […]

295_00

Item #BREITLING

2016年11月18日

高精度時計のお墨付き=クロノメーター

腕時計には、性能や品質を保証するための認証・規格や、それを検査するための第三者機関があります。その中でも世界的に最も有名なのが、時計の精度を保証する「クロノメーター」。これを知らないと、時計のスペックは語れません。

%ef%bd%90%ef%bd%8861-22-12

Item #ZENITH

2016年12月19日

R40が狙うべき大人の品格時計【第1回~ゼニス~】

人生の折り返し地点ともいえる「R40世代」は、20代、30代とは違って社会的地位が高まり、豊富な人生経験から円熟した大人 […]

スクリーンショット 2017-05-22 9.39.26

WATCHNAVI2017 SUMMER Vol.66

5月22日(月)発売 定価 880円(税込)

バーゼルワールド&SIHH 2017の新作を徹底吟味! 識者20名による大品評会を開催

WATCHNAVIが電子書籍で購入可能
WATCHNAVI定期購読