MYTIME10蜍晞俣讒禄_MG_0126

MY TIME〜私の時間術〜 Vol.10 お酒の時間は、いちばんの時間泥棒――勝間和代(経済評論家・著述家・講師)

2017年6月12日

時間は誰にでも平等。だからこそ1日24時間、その限られた時間をどう使うかが「人生を楽しむ」ための鍵となります。様々な業界で活躍する人物から「時間術」を聞く本連載。第10回は経済評論家をはじめ、マルチに活躍する勝間和代さんにお話を聞きました。

 

撮影/高橋敬大 文/赤坂匡介

頼れるものには頼った方がいいと思っているんです

MYTIME10蜍晞俣讒禄_MG_0091

経済評論家として著作も多く、マルチに活躍している勝間和代さん。現在は株式会社監査と分析取締役、内閣府男女共同参画会議議員、中央大学ビジネススクール客員教授としての顔も持ちます。さらに2016年には、自身でプロデュースしたゲームカフェ「THE WINWIN(ウィンウィン)」をオープン。

そんな勝間さんに、多忙な日々の時間の中で、どんな風に時間を使っているか聞いてみると、そこには「自分を信じていないからこそ、テクノロジーをフル活用する」という勝間流の時間術がありました。

MYTIME10蜍晞俣讒禄_MG_9997

――勝間さんの活動は多岐に渡ります。お忙しい毎日の中で、欠かさずしていることはありますか?

欠かさないのは、寝ることですね。1日8時間くらいは睡眠を取りたいと思っているんです。これは自分の時間を1日24時間で捉えるのではなく、100年で考えたときに、いちばん最適な睡眠時間を考えたんです。

睡眠が短くなれば、パーフォーマンスも落ちます。だったら最初から、8時間睡眠を心掛けた方が人生を100年で捉えると効率的なんです。

――他にも、「欠かさずしていること」はありますか?

私はむしろ、意識的にしていないことがあるんですよ。それはお酒を飲まないことです。いちばんの時間泥棒は、お酒の時間だと私は思っているんです。たとえば「どうですか、軽く一杯」なんて会話がありますけど、お酒の仕組みとして、一杯なんてありえないわけですよ。絶対一杯飲んだら、もっと飲みたくなるじゃないですか(笑)。

 

――そうやって、忙しい中で時間を作っているんですね。

というよりも、私は1日にやることを少なくしているんです。最近だと、ご飯を作るときも稼働しているのはAI家電がほとんどで、私自身が稼働しているのは10分ほどです。しかも、AI家電を使うことで料理の幅が狭くなるかというと、そんなこともないんです。ただ、オムレツだけは、唯一作れないのですが…(苦笑)。

 

――たしかに簡略化できるものは、簡略化した方が効率的ですよね。

というよりも、私は自分を信じてないんですよ、まったく。たとえば家から歩いて40分の場所があって、バスなら15分、電車なら10分で着くとなれば、公共交通機関を使った方がはるかに効率的ですよね。

それと基本は同じです。頼れるものには頼った方がいいと私は思っているんです。

最近だと、原稿の執筆も音声入力に切り替えました。キーボードだと、どんなにがんばっても分速75文字ほどらしいのですが、これが音声だと分速300文字くらいになるらしいんです。もちろん最後に校正は若干必要ですが、手も疲れませんし、非常に便利ですよ。

 

今やiPhoneより、Apple Watchを忘れる方が困る

――今日着けているのはApple Watchですね。時間を正確に刻む腕時計がお好きなのですか?

そうですね。昔はグランドセイコーとか、絶対に時間がずれないものをしていました。ここ最近はずっとApple Watchをしています。

今しているのは「SERIES2」なんですが、いちばんの魅力はSuica機能を搭載していることです。他にも電子マネー「ID」なども利用できるので、お財布がいらなくなりました。

講演の際にはタイマー機能も利用しますし、iPhoneを出さなくても、Apple Watchで通話できるのも便利です。万歩計の機能もあるので、1日にどれくらい歩いたかわかるのもうれしいですね。

MYTIME10蜍晞俣讒禄_MG_9960

↑ボードゲームが大好きな勝間さん愛用の「Apple Watch」

――万歩計の機能も使っているとなると、腕時計は1日中しているのですか?

基本的にしていますね。Apple Watchは防水なので、洗い物も着けたままできますし、寝るまでし続けていることが多いです。

スケジュールも見られますし、電車やバスにも乗れる。だから今や、iPhoneを家に忘れるよりも、Apple Watchを忘れる方が困ります(笑)。

 

――新しいものを取り入れることに不安はないですか?

ないですね。自分に合わなければ、やめればいいわけですから。それに新しいツールに触れることが楽しいんですよね。ネット通販も好きで、よく利用しています。何がいいって、レジに並ばなくていいわけですから(笑)。

 

――あらゆるものを活用して、毎日を楽しく生きている勝間さん。今後の目標は何ですか?

日本は「枠から外れると、損する社会」という風潮があります。枠の内側にいる人たちも、その価値観を押し付け合っているようなところがありますし。ですが、そんな社会で生きていくことは息苦しいじゃないですか。

だから私はみなさんに、「枠からはみ出てもいいんだよ。枠からはみ出ると、意外と楽しいよ」ということを、もっと伝えていきたいですね。

MYTIME10蜍晞俣讒禄_MG_0126

勝間和代(かつま・かずよ)

経済評論家・著述家・講師

1968年生まれ。当時最年少の19歳で会計士補の資格を取得し、大学在学中から監査法人に勤務。アーサー・アンダーセン、マッキンゼー、JPモルガンを経て独立。現在は経済評論家をはじめ、株式会社監査と分析取締役、内閣府男女共同参画会議議員、中央大学ビジネススクール客員教授など幅広く活躍中。また著作多数。近著に『勝間式 超ロジカル家事』(アチーブメント出版)がある。さらに2016年には、自身がプロデュースしたゲームカフェ「THE WINWIN」をオープン。

MYTIME10蜍晞俣讒禄_MG_0126

Related Article

RM50-03 6H RGB

Item #GREUBEL FORSEY#RICHARD MILLE

2017年2月20日

【SIHH2017】ケース/ムーブメントの最新コンプリケーション事情【リシャール・ミル/グルーベル フォルセイ】

SIHH2017で発表された新作を取り上げていきます。今回は、リシャール・ミルとグルーベル フォルセイ。SIHHに出展す […]

IMG_9641

Item #G-SHOCK

2017年11月16日

「G-SHOCK」が世界の共通語になった日【SHOCK THE WORLD in ニューヨーク イベントレポート:前編】

G-SHOCKは「落としても壊れない腕時計」として1983年に発売されました。耐衝撃性能+20気圧防水というスペックで腕 […]

パネライ

Item #PANERAI

2017年8月7日

軽さ&堅牢性は旧作超え!懐かしのダブルリンクブレスが新作「ルミノール マリーナ」で帰ってくる

50年間も注油が不要となる「パネライ LAB-ID ルミノール 1950 カーボテック 3デイズ-49mm」や、新たなケ […]

ph1

Brand #CASIO

2017年3月13日

日本が世界に誇る“壊れない時計”G-SHOCKの歴史秘話 1992-1995年/本物だけが持つ機能美にストリートが熱狂

腕時計界で革命を巻き起こし続ける「G-SHOCK」のウンチク集! 今回はストリートファッションが隆盛した1990年代前半 […]

3代目イルクジ DW-6910K-9T

Brand #CASIO

2017年8月4日

最高潮に達したG-SHOCKブーム! 3代目イルクジがスケルトンボディで華麗に駆け抜けた【G-SHOCK列伝15】

1996年11月に登場した初代ラバーズコレクションで社会現象となったG-SHOCKブームは、1997年3月の3代目イルク […]

BZ1020-22E

Item #CITIZEN

2017年6月26日

2か月で完売したシチズン「エコ・ドライブ Bluetooth」に大本命のブルーモデルが登場

昨年12月にシチズンが限定3000本で発表し、約2か月で完売してしまった大人気アナログ式Bluetoothウオッチ「エコ […]