People

ブランドCEO、デザイナー、旬な経営者たちが語る

_24A9387-2

People

2017年7月13日

MY TIME〜私の時間術〜 Vol.12 いちばん好きな時間は、落語をやっている時間――三遊亭とむ(落語家)

時間は誰にでも平等。だからこそ1日24時間、その限られた時間をどう使うかが「人生を楽しむ」ための鍵となります。様々な業界 […]

MITIME邏榊刀_蜀キ迚溽伐讒禄_MG_7256

People

2017年6月30日

MY TIME〜私の時間術〜 Vol.11 日課は、朝日を見て1日をスタートすること――冷牟田竜之(ミュージシャン)

時間は誰にでも平等。だからこそ1日24時間、その限られた時間をどう使うかが「人生を楽しむ」ための鍵となります。様々な業界 […]

IMG_8932サイズ変更前

People

2017年6月15日

身長190cmの超絶イケメン! ブライトリングチームのエアレースパイロット【ミカエル・ブラジョー】インタビュー

ブライトリング・レーシング・チームの一員として、その技術の高さと端正なルックスから“次世代のパイロット”として注目を集め […]

IMG_8908

People

2017年6月14日

【レッドブル・エアレース千葉2017】2連覇の快挙を成し遂げた無敵のパイロット・室屋義秀選手にインタビュー

先日開催された「レッドブル・エアレース千葉2017」で、前年に続き見事母国優勝を飾った室屋義秀選手。興奮と大歓声に湧いた […]

MYTIME10蜍晞俣讒禄_MG_0126

People

2017年6月12日

MY TIME〜私の時間術〜 Vol.10 お酒の時間は、いちばんの時間泥棒――勝間和代(経済評論家・著述家・講師)

時間は誰にでも平等。だからこそ1日24時間、その限られた時間をどう使うかが「人生を楽しむ」ための鍵となります。様々な業界 […]

Yoshihide Muroya of Japan (C) listens his national anthem with Petr Kopfstein of Czech Republic (L) and Martin Sonka of Czech Republic (R) are seen during the Award Ceremony at the third stage of the Red Bull Air Race World Championship in Chiba, Japan on June 4, 2017. // Balazs Gardi/Red Bull Content Pool // P-20170604-01246 // Usage for editorial use only // Please go to www.redbullcontentpool.com for further information. //

People

2017年6月5日

【腕時計的視点で見るレッドブル・エアレース千葉2017】各国強豪パイロットを抑え室屋義秀選手が2連覇達成!

空のF1と称される3次元モータースポーツの大会「レッドブル・エアレース千葉2017」の決勝が4日(日)に開催。5万500 […]

無題3

People

2017年6月5日

MY TIME〜私の時間術〜 Vol.9 “小さい主語”で届けるために、 現場取材を欠かすことはできないー堀 潤(ジャーナリスト/NPO法人8bitNews代表)

時間は誰にでも平等。だからこそ1日24時間、その限られた時間をどう使うかが「人生を楽しむ」ための鍵となります。様々な業界 […]

_MG_1038

People

2017年5月22日

MY TIME〜私の時間術〜 Vol.8 ときを刻まないGUCCIの腕時計を着ける理由――中野裕太(俳優)

ときを刻まないGUCCIの腕時計を着ける理由――中野裕太(俳優) 時間は誰にでも平等。だからこそ1日24時間、その限られ […]

MYTIME荳雁次讒禄_MG_0416_2

People

2017年5月12日

MY TIME〜私の時間術〜 Vol.7 SEIKOの腕時計には、最高の仲間たちと過ごした思い出が詰まっている――上原大祐(NPO法人D-SHiPS32代表/パラリンピック銀メダリスト)

SEIKOの腕時計には、最高の仲間たちと過ごした思い出が詰まっている――上原大祐(NPO法人D-SHiPS32代表/パラ […]

MYTIME阯、逕ー讒禄_MG_9554

People

2017年4月18日

MY TIME〜私の時間術〜 Vol.6

いちばんの気分転換は、自由に時間を使うこと――藤田晃大(フジタデンタルクリニック 院長) 時間は誰にでも平等。だからこそ […]