ORIS

オメガアイjpg

Topics #LONGINES#MICHEL HERBELIN#OMEGA#ORIS#PANERAI#TISSOT

2017年7月16日

語り継がれる名機の価値ー2017年新作は復刻モデルが熱い!【60年~100年モノ】ー

2017年の新作を語るうえで欠かせないのが復刻時計。今年のバーゼルを見ても各ブランドがこぞって復刻モデルを発表しています […]

ph6136-1

Item #BALL#BELL&ROSS#ORIS#ROMAIN JEROME

2017年1月14日

時計倦怠期のあなたに贈る! 趣向を凝らしたデザインと機能が楽しい個性派メカニカルウオッチ

若かった頃は機械式時計にハマっていたけれど、今は興味が薄れてしまった……。そんなあなたに、再び男心をくすぐる独創性にあふ […]

ph6432-7

Item #BVLGARI#ETERNA#IWC#ORIS#SEIKO#Sinn

2017年1月12日

デキル男は腕時計で自己主張! オフィスワークでこそ着けたい傑作ダイバーズウオッチ

腕時計の天敵は“水”。その闘いに勝利したのがダイバーズウオッチです。想像を絶する水圧に耐えるタフな作りは、見た目にも存在 […]

036_dsc5621-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

Item #BAUME&MERCIER#MICHEL HERBELIN#ORIS

2017年1月8日

ひと目惚れ必至なアラウンド30万円の良作7選【ベーシックウオッチ編】

2016年はミドルクラスの価格帯で良作が数多く発表されました。中でも30万円を切るプライスレンジはデザインが幅広く、時計 […]

033-09_historiador-squelette_photo_low-res_3191-1sqs-editorial-814x1024%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

Item #BULOVA#CUERVO Y SOBRINOS#ORIS

2016年12月15日

スケルトンウオッチ全盛期でわかった腕時計の「引き算の美学」

今、時計界では文字盤側からもムーブメントの動きが確認できるスケルトンウオッチが多くのブランドから登場しています。このデザインがなぜ盛り上がっているのか。その謎をエントリーウオッチから読み解いていきます。

5886_00

Money #BALL#JEANRICHARD#ORIS

2016年11月17日

年収500万円から狙えるダイバーズウオッチ3選

ダイバーズウオッチには、国際標準化機構(ISO)による明確な定義があり、価格の高い安いに関わらず一定以上のスペックを有し […]