装飾アイキャッチ

時計の良さは“顔”に出る!視認性にも関係していた、ダイアル装飾技法【第2回】

2017年11月12日

時計の第一印象を決めるのはやはり文字盤。最近は腕時計の急速な進化で「文字盤の作りが良くなってきた」といいますが、実際はどのように作られているのか、気になる人も多いはず。そこで、2本以上の時計を見比べて悩んだときに注目しておきたいポイントを、3回に分けてご紹介していきます。第2回は、ダイアルの装飾技法を見てみましょう。

代表的な装飾技法

ギヨシェ18世紀後半に活躍した天才時計師ブレゲが考えた伝統的な装飾

【クルー・ド・パリ】「パリの鋲びょう」を表す言葉で、彫った溝が交差してピラミッド状の格子模様をなしているもの。ベゼルなどの外装に用いられることも多い

クルードパリ
【バーリーコーン】麦の穂のような微細な凹凸の彫り込みパターンからその名が付けられた模様。同義のフランス語で「グランドルジュ」と呼ばれることも

バーリーコーン

【ウェーブ】名前の通り、波打つように模様を彫り込んだ装飾のこと。写真の時計は、文字盤を回転させながら彫る「フランケ」技法によって作られます

ウェーブ

【ソレイユ】ある一点から放射状に凹凸の付いた模様のこと。太陽の光を想起させることから、フランス語で「太陽」を意味するソレイユと名付けられています

ソレイユ

サンレイ…文字盤に付けられた放射状の筋目模様から命名された仕上げ。文字盤の他、ギアに施されることも。多くのドレスウオッチに採用されている意匠

サンレイ

ブラスト…凹凸のサイズに応じて砂や金属、ガラスビースなどを盤面に打ち付ける仕上げ技法の総称。マットに仕上がるため、文字盤の光の反射を防ぐことができます

ブラスト

 

懐中時計の時代から、文字盤の装飾には様々な技法が考えられてきました。ご紹介したように、これらの装飾は文字盤を華やかに見せるだけでなく、光の反射を抑えて視認性を高めるためのものでもあるのです。

時計の良さは“顔”に出る!多彩なダイアルから自分好みを見極めよう【第1回】

装飾アイキャッチ

Related Article

サビキャッチ

Maintenance

2017年8月5日

夏のヨゴレに要注意! ケース&ブレスに潜むサビを落とすメンテ術

毎日身に着ける腕時計は、知らず知らずのうちに日々の汚れがたまっていくもの。特に夏はたくさん汗をかくだけでなく、長時間太陽 […]

Yellow Gold

Item #A.LANGE&SÖHNE

2017年12月8日

【SIHH2018先行発表】A.ランゲ&ゾーネ復興の祖に捧げる1815リミテッドエディション

2018年1月にスイス・ジュネーブで開催されるSIHH(通称ジュネーブサロン)での発表を前に、同イベントに出展する各社が […]

名称未設定 1のコピー

Item #CASIO

2017年4月3日

【G-SHOCK】フロッグマンとガルフマスターから、海の美しさを表現した新色「マスター・イン・マリンブルー」が誕生

極限の環境で任務にあたるプロフェッショナルに向けて製造されるマスター・オブ・Gシリーズのなかで、海を志向するのがフロッグ […]

画像8

Topics

2017年3月6日

創業125年の老舗・日新堂が最新のパテック フィリップと出合える、大阪ヒルトンプラザ店をリニューアル!

明治25年創業で銀座に本店を構える高級時計専門店・日新堂が、大阪ヒルトンプラザ店をリニューアルオープン。同店は、梅田地区 […]

ph6120-1

Item #TAG HEUER

2016年12月23日

R40が狙うべき大人の品格時計【第5回~タグ・ホイヤー~】

人生の折り返し地点ともいえる「R40世代」は、20代、30代とは違って社会的地位が高まり、豊富な人生経験から円熟した大人 […]

Les Cabinotiers Celestia Astronomical Grand Complication 3600
9720C-000G-B281

Item #VACHERON CONSTANTIN

2017年1月20日

【SIHH2017ヴァシュロン・コンスタンタン】ソヌリと天体表示で見せた世界最古級ブランドの技術力

ジュネーブで開かれているSIHH2017で発表された新作から、注目モデルを現地より発信していきます。今回は、ヴァシュロン […]